経済界「極右&ヘイト」ミシュラン発表!(後編) 

JR東海からDHCまで…安倍政権と一体化して歴史修正主義や極右、ヘイト思想を撒き散らす企業経営者たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hatemichelim2_01_170201.jpg

 歴史修正主義や極右思想をもっている、あるいはヘイト的行動に関与していると思われる会社や経営者をリストアップし、五つ星で評価する経済界ウヨ&ヘイトミシュラン。前編に続き、後編も4社を紹介しょう。超大企業のトップから極右で有名なあの企業まで。うんざりするかもしれないが、これが現実だ。

●JR東海
名誉会長は在特会のヘイトデモを擁護していた“安倍晋三のブレーン中のブレーン”

極右度 ★★★★
影響度 ★★★★★

 極右財界人といえば、やはりJR東海の“天皇”として君臨してきた葛西敬之代表取締役名誉会長を抜きには語れないだろう。しかも、葛西氏は安倍首相に近しい財界集団「四季の会」とその流れを汲む「さくら会」を主催する親米保守論客で、第一次安倍政権下の2006年には国家公安委員や教育再生会議委員に就任し、その後の首相再登板も猛烈に後押しした、安倍晋三の最大のブレーン。その政治力や、実に政権を介してNHKの会長人事すら左右するといわれる。

 事実、葛西氏は安倍が当時自民党の幹事長代理だった2005年、「Voice」(PHP研究所)で対談しているのだが、そのなかでも安倍に対し、思想面や歴史認識に関してこう助言していた。

「靖国神社の問題は日本人の『心』に関わる問題です。それを『国家と国家』の問題として扱うことが、そもそもおかしいのです」
「(前略)日本は、六十年前で足を止めている歴史観に揺さぶられる必要はない。われわれは六十年間、努力してきたし、実績も上げてきた。これからも努力していく。『私たちは将来の日中関係について、安定的であることをいちばん大切だと思っている』と、堂々と述べればいいのです」

 まるで、安倍の靖国神社に対する姿勢や、2015年の戦後70年談話などで繰り返している「未来志向」という名の“歴史忘却作戦”の元ネタかと見紛うばかりだ。そして、この安倍との対談から5年後には、親米反中を唱えるタカ派・葛西氏の極右性が、グロテスクな差別主義としてあらわになったこともあった。

 国家公安員委員会の記録によれば、葛西氏が委員であった2010年9月、定例会議のなかで、「極端な『民族主義・排外主義的主張』に基づき、『外国人参政権反対』などと訴える市民運動」(=在特会などのヘイト団体)の話題になった際、「『右派系』と言うより、『極右系』と呼称すべきなのではないか」と言った委員長に対して葛西氏が噛みつき、こうした旨の意見を述べたという。

「『極端な民族主義・排外主義』と言えるのか」
「これからはこのようないわゆる『声なき声』を取り上げる形でインターネットによる情報交換が出てくる。このグループについては、『極右』と呼ぶべきものではないと思う。(略)事前に、よく実態を知り、適正に評価することが大事なのではないかと思う」

 つまり、国家公安委員会委員として、完全な排外主義とヘイト運動に対し、極めて肯定的な発言をしていたのだ。ありえないとしか言いようがない。

 しかも、おそろしいのは、第二次安倍政権以降も葛西氏の安倍政権への影響力が衰えを知らないところだ。首相動静によれば、第二次安倍政権以降だけでも安倍首相と少なくとも36回は直接顔を合わせており、前述のように、NHK会長人事への介入も取り沙汰された。また、15年には日本会議のフロント改憲団体「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の代表発起人にも名を連ね、いよいよ、安倍首相とともに戦前復古的な改憲へ邁進するらしい。「極右度」はトップクラスの★4、「影響度」は文句無しで★5とするのがふさわしいだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

JR東海からDHCまで…安倍政権と一体化して歴史修正主義や極右、ヘイト思想を撒き散らす企業経営者たちのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。DHCJRネトウヨフジ住宅ヘイト安倍晋三編集部高須クリニックの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
2 「人の税金で大学に」麻生太郎の悪質性
3 BTS問題で『ワイドナ』が意外に冷静な姿勢
4 安倍内閣の官房参与が消費税批判
5 ナベツネにいったい何が? 読売の異変
6 百田尚樹『日本国紀』にネットから総ツッコミ
7 安倍が膳場や池上にもらした改憲の本音
8 森友学園が麻生財務相側近に口利き依頼
9 BTSファン「ARMY」がスゴイ!国境を超える連帯と勇気
10 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
11 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
12 ネトウヨのTWICE「慰安婦シャツ」炎上攻撃は韓国ヘイト
13 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
14 在日差別に怯え続けた芸能人の苦悩
15 安倍政権がひた隠しにする外国人労働者の“奴隷”実態
16 Wikiコピペを百田尚樹も認める!『日本国紀』を真面目に検証
17 BTSの『Mステ』締め出しは原爆を口実にした韓国ヘイト
18 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
19 加藤勝信一億総活躍相がマルチの広告塔
20 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
1安倍政権の水道民営化強行の裏! 日本の水道が崩壊
2安倍内閣の官房参与が消費税批判
3BTSの『Mステ』締め出しは原爆を口実にした韓国ヘイト
4安倍官邸「FTA言葉狩り」でNHKが忖度訂正
5警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
6片山さつきだけじゃない! “ほぼ全員スキャンダル内閣”
7植村隆の名誉毀損裁判で不当判決!櫻井よしこの捏造を無視
8安倍政権がひた隠しにする外国人労働者の“奴隷”実態
9やっぱり安倍政権の外国人実習生調査結果は嘘だった!
10安倍政権が北方領土のため「年金の金」でプーチンに貢ぎ物計画
11安倍「徴用工でなく労働者」と言い換えも麻生家の炭鉱は「朝鮮人地獄」
12田崎史郎にも“国会通行証”疑惑が浮上!?
13安倍首相も桜田五輪相と同じ「事前通告がない」ウソの常習犯
14百田尚樹『日本国紀』にネットから総ツッコミ
15BTSファン「ARMY」がスゴイ!国境を超える連帯と勇気
16ナベツネにいったい何が? 読売の異変
17竹田恒泰が慰安婦像に「鼻クソの刑」ツイートの愚行
18BTSを「ナチス礼賛だ」と歪曲攻撃したナチ信奉者たち
19「人の税金で大学に」麻生太郎の悪質性
20トランプ中間選挙会見で「晋三は自動車関税のことでハッピー」と皮肉

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄