TOKIO山口達也の強制わいせつでまたマスコミの忖度! 先週書類送検もNHK沈黙、今朝の日テレ『ZIP!』にも出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
TOKIO山口達也の強制わいせつでまたマスコミの忖度! 先週書類送検もNHK沈黙、今朝の日テレ『ZIP!』にも出演の画像1
『ZIP!』に出演する山口達也

 驚くようなニュースが飛び込んできた。すでに各所で大きく報じられている通り、TOKIOの山口達也が自宅マンションで女子高生に無理やりキスしたなどとして、強制わいせつの疑いで書類送検されたのだ。報道によれば、山口は事情聴取に対して当初は否認していたというが現在は事実関係を大筋で認めているという。報道を受け、ジャニーズ事務所も「お酒を飲んで、被害者の方のお気持ちを考えずにキスをしてしまいましたことを本当に申し訳なく思っております。被害者の方には誠心誠意謝罪し、和解させていただきました」とコメントを発表した。

 報道を受けてネットでは、またぞろ、「ハニートラップ」などと女子高生を非難するような言説が飛び交っているが、現在報じられている内容を見れば、それはあり得ないことだ。事件があったのは今年2月のことで、女子高生が友人と2人で山口宅を訪れ、酔った山口から無理やりキスをされたため驚いて、友人と2人で山口の部屋から帰ったとされている。また、山口と女子高生が知り合ったのはNHK・Eテレの『Rの法則』だったと報じられている。

『Rの法則』は山口が司会を務める、中高生ら十代を対象にした情報バラエティで、中学生から大学生の十代の出演者たちがレギュラーを務めている。その番組を通じて知り合ったのなら、相手の女性が高校生・未成年と知らなかった可能性は限りなく低いし、友人と2人で訪れていたのであればまさかわいせつ行為にいたるなど被害女性は想像もしていなかっただろう。しかも女子高生が『Rの法則』関係者だとするなら、山口は番組MCも務める芸能界の大先輩で、パワハラ的な要素もあったと考えなくてはならない。示談が成立し、すでに被害届けは取り下げられたとの報道もあるが、芸能界のパワーバランスのなかで、被害者に不当な圧力が加えられることがないよう注視が必要だろう。

 それにしても、相変わらず情けないのはメディアの対応だろう。山口のことを例によって「山口メンバー」なる珍妙な呼称で呼び、「爽やか」だの「やさしい」だのとその人柄をほめる始末だった。しかも事件が起きたのは2月で、書類送検も先週のことだ。しかし、この間メディアが報じることはなく、山口は事件のあった2月以降も、今朝の『ZIP!』(日テレ)まで、何食わぬ顔でテレビに出演し続けていた。とくに事件のきっかけとなったNHKはかなり早い段階から事件を把握していたはずで、おそらく被害者側との和解を待って、NHKが第一報を報じるという段取りがジャニーズ事務所との間でできていたのだろう。

 しかし、それでも今回は各メディアで事件が報じられているだけ、マシかもしれない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

TOKIO山口達也の強制わいせつでまたマスコミの忖度! 先週書類送検もNHK沈黙、今朝の日テレ『ZIP!』にも出演のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ZIP!ジャニーズ山口達也日本テレビ松本潤編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
2 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
3 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
4 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
5 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
6 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
7 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
8 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
9 日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
10 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
11 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
12 『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
15 愛川欽也が「安倍に殺される」と
16 パワハラ休職した社員にさらなるパワハラ
17 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
18 東京五輪ボランティアがブラックすぎ
19 安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
20 山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
6柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
7NHK岩田、櫻井よしこが「良い独裁もある」
8安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
9麻生「改ざんは個人の問題」は鬼畜発言
10 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
11のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
12日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
13星田、村本、博士がデモ批判に反論
14山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
15石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
16弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
17自衛隊関連組織が日本会議の改憲署名に協力
18安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
19柳瀬秘書官の参考人招致は嘘と詭弁だらけ
20安倍の加計との面会否定が信じられない理由