小池百合子イチオシ希望の党公認候補に「性的関係強要」の過去発覚! リベラルはNGだけどセクハラはOKなのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
小池百合子イチオシ希望の党公認候補に「性的関係強要」の過去発覚! リベラルはNGだけどセクハラはOKなのかの画像1
小池ゆりこオフィシャルサイトより


 昨日3日、小池百合子代表率いる希望の党が、第一次公認192名を発表した。いったいどんな独自新人候補を立ててくるのかと思いきや、さっそく、そのなかにとんでもない過去をもつ人物が入っていた。

 希望の党から東京7区に出馬する予定の前熊本県議・荒木章博氏だ。荒木氏は、小池氏の元秘書で側近の荒木千陽・都民ファーストの会代表の父親なのだが、いまから約20年前に女性から「性的関係の強要」で訴えられ敗訴。裁判所から慰謝料など300万円の支払いを命じられているのだ。

 当時の新聞記事によれば、荒木氏は熊本市議時代の1993年9月ごろ、当時会長を務めていたスポーツ協会に所属する元スポーツ選手の女性と知り合い、練習後に食事に誘った。女性は当時20代前半で、荒木氏よりも約20歳も年下。女性の訴えによると、練習後に荒木氏から食事に誘われて、〈食前酒を勧められ、性的関係を強要する同氏に抵抗できなかった〉という(読売新聞97年6月25日西部夕刊)。

 また、毎日新聞99年5月28日西部朝刊には、被害女性は荒木氏に〈ホテルに連れ込まれて乱暴され〉、〈「その後も関係を強要されたが、刑事告訴すれば選手生命が絶たれる」などの理由で、94年春ごろまで断れずに関係を続け〉ざるを得なかったとの訴えが記されている。

 つまり、当時すでに結婚して千陽氏ら子どももいた荒木氏は、スポーツ協会会長という地位を利用して女性を食事に誘い、酒に酔わせたうえでホテルに連れ込み乱暴、その後も性的関係を強要し続けたというのだ。

 事実、裁判で「関係は合意の上。女性の方が(自分に)好意を抱いていた様子だった」と主張した荒木氏側に対し、熊本地裁は「選手生命を失うかもしれないという状況で関係を強要された」「(女性は)性的な被害を受け、恥ずかしくて口外できなかった」と性的関係強要の事実を認定。女性の心的外傷後ストレス障害(PTSD)を指摘し、「会社を退職するなど多大な精神的苦痛を受けた」として荒木氏に慰謝料など300万円の賠償を命じたのである。

 荒木氏側は「個人的に非難されるところはない」などとして控訴したが、その後、荒木氏が〈自らの行為に遺憾の意を表し、解決金として三百万円を支払う〉という内容で和解が成立。報道によれば、女性側は荒木氏が社会的地位を利用したことを認めたので和解案に応じたという(前出・毎日新聞)。女性が「刑事告訴すれば選手生命が絶たれる」と怯えていたことを踏まえれば、これは極めて卑劣な行為あり、刑事事件になっていてもおかしくなかったと言えるだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

小池百合子イチオシ希望の党公認候補に「性的関係強要」の過去発覚! リベラルはNGだけどセクハラはOKなのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。小池百合子希望の党編集部荒木章博の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権がデタラメ「働き方」法案強行採決
2 “日本大学のドン”の闇社会、警察人脈
3 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
4 日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
5 指原莉乃がセクハラをハニトラと
6 石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
7 高プロ法案の強行採決を許すな!
8 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
9 幼稚園を突然クビに!理由なき解雇との戦い
10 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
11 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
12 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
13 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
14 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
15 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
16 前川喜平が安倍政権の愛国教育を批判
17 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
18 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
19 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
20 星田、村本、博士がデモ批判に反論
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
8 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
9のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
10安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
11日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12高プロ法案の強行採決を許すな!
13安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
14安倍政権がデタラメ「働き方」法案強行採決
15星田、村本、博士がデモ批判に反論
16山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
20“日本大学のドン”の闇社会、警察人脈
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?