本日公開『ワンダーウーマン』、秋元康が書き乃木坂46が歌う日本版イメージソングが女性蔑視でヒドい! 町山智浩も激怒!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
akimoto_01_20170712.png
AKB48公式HPより


 本日25日、アメリカで記録的な興行収入を叩き出した映画『ワンダーウーマン』がいよいよ公開される。試写を観た人による評判も上々で、日本においても良い成績をおさめるのは間違いないとされている。

 ただ、この映画をめぐり、映画の本編とは別のところで炎上騒動が巻き起こっている。日本版のイメージソングとして採用された乃木坂46の楽曲「女は一人じゃ眠れない」である。

 ワンダーウーマンというキャラクターは、1941年に連載がスタートして以来、一貫して自立した強い女性の象徴であり、フェミニズムのアイコンとしてもしばしば使われてきた。昨年10月には、そういった功績が評価され、ワンダーウーマンというキャラクターが国連名誉大使に選ばれたりもしているのだが、そういったキャラクターに「女は一人じゃ眠れない」はちょっとありえない。

 そのため、『ワンダーウーマン』のイメージソングとして「女は一人じゃ眠れない」というタイトルの楽曲が選ばれたというニュースが報じられた瞬間、映画ファンやアメコミファンからは異論が噴出。この映画を高く評価している映画評論家の町山智浩氏をはじめ、多くの怒りの声がネット上に溢れた。

 とはいえ、『ワンダーウーマン』のイメージソングとして作詞を依頼されている以上、秋元康氏が映画の中身を理解せず曲を書いているはずもなく、このタイトルは逆説的なもので、中身をきちんと読めば『ワンダーウーマン』らしい歌詞になっているのではとも思われた。しかし、その淡い期待ははかなくも裏切られることになる。「女は一人じゃ眠れない」のサビはこんな歌詞だったからだ。

〈女は
 いつだって
 一人じゃ眠れない
(恋が邪魔をしているよ)
 どうする?
 感情が動いて眠れない
(胸のどこかが叫んでる)
 寂しくなんか ないないない
 誰かといたい〉

 この『ワンダーウーマン』をはじめ秋元氏の歌詞に、女性蔑視思想があることは本サイトもこれまでたびたび指摘、批判している。つい先日も欅坂46「月曜日の朝、スカートを切られた」の歌詞も問題視する声があがり、本サイトでも記事にしているが、以下に『ワンダーウーマン』炎上問題についての記事を再録するので、是非とも読んでほしい。
(編集部)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

本日公開『ワンダーウーマン』、秋元康が書き乃木坂46が歌う日本版イメージソングが女性蔑視でヒドい! 町山智浩も激怒!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ワンダーウーマン乃木坂46秋元康編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも