小出恵介の淫行相手への「ハニートラップ」「美人局」報道は所属事務所アミューズのリーク、印象操作だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
小出恵介の淫行相手への「ハニートラップ」「美人局」報道は所属事務所アミューズのリーク、印象操作だった!の画像1
17年6月10日付スポーツニッポンにはこのような記事が掲載されていたが、真相は……。

 小出恵介の未成年淫行報道が首をひねりたくなるような展開を見せている。「フライデー」(講談社)6月23日号の第一報直後は、当然ながら、17歳の少女を酒に酔わせて性行為に及んだ小出批判一色だったが、途中から相手の女性に対して「ハニートラップ」「金銭目当て」といったバッシング報道が始まり、「少女が単独でやれるとは思えない」「うしろに悪い大人がついている」など、美人局を示唆するようなコメントまで飛び出すようになった。

 たとえば、昨日の『とくダネ!』(フジテレビ)もそうだった。小出の行為そのものより少女が金銭要求していた問題を大々的に取り上げ、司会の小倉智明が我が意を得たとばかりに「小出さんのやったことは最悪なことなんですが、あの写真が出て騒動になったときからなんか変な騒ぎだなと思ってましたよ。みなさんもそうだったんじゃないかなあ」とコメント。さらに「これ、想像ですよ? 想像ですが、相手の17歳の少女は、小出さんから示談にするためにお金を得る」「小出さんのやったことは悪いですけど、17歳の少女側も非難されるってことも出てきそうですよね」と明らかに少女が金銭目的との前提で、批判を口にしたのである。

 しかし、これ、ちょっとおかしくないか。たしかに、この女性の私生活や交友関係はいろいろあるのかもしれないが、少なくとも「ハニートラップ」や「美人局」というのはありえない。お金が目的なら、そんなにすぐにあきらめて「フライデー」に報道させるわけがないし、小出は彼女が17歳であることをあらかじめ知っていた。小出は年齢を知りながら酒に酔わせ、ホテルに連れ込んだわけで、そんな行動をあらかじめ計算して仕掛けるなんて、どう考えても不可能だろう。

 にもかかわらず、芸能マスコミは、被害者の可能性もある一般人のプライバシーまで晒して、「ハニートラップ」をほのめかし、「美人局」呼ばわりしているのだ。

 実はこうした報道の背後には、小出の所属事務所・アミューズの狡猾な情報操作があるらしい。アミューズといえば、サザンオールスターズや福山雅治、星野源、perfume、吉高由里子など錚々たるアーティスト、タレント、俳優が所属する大手芸能プロダクションで、バーニングほどではないが、芸能マスコミにとって批判は絶対タブーとなっている。そのアミューズが、カウンターとして、相手の女性の「悪い噂」をしきりに流しているらしいのだ。週刊誌記者がこう語る。

「『フライデー』発売前日から、アミューズはとにかくこの相手女性がいかに素行不良かを芸能マスコミにリークしていました。少女のプロフィルなども率先して教えてくれて、こちらが聞く前に、小出と女性が飲んでいたバーの名前を教えてくれましたしね。アミューズはこのバーの関係者が黒幕だなどとほのめかしていました」

 少女が小出に金銭を要求していたという報道も、アミューズのリークだった。これは、6月10日の「スポーツニッポン」が「小出恵介「500万円要求された」「事務所に相談せず自ら交渉も」と題した記事を掲載したのがきっかけだったが、たしかにその記事の中身は、事務所関係者でなければ、知りえない話ばかりだった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連記事

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

小出恵介の淫行相手への「ハニートラップ」「美人局」報道は所属事務所アミューズのリーク、印象操作だった!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。とくダネ!アミューズサンデー・ジャポンフライデー小出恵介林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画