金塊事件容疑者との写真はやはりNEWS手越だった! 本人が認めるも、芸能マスコミはジャニーズタブーで沈黙のまま

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
金塊事件容疑者との写真はやはりNEWS手越だった! 本人が認めるも、芸能マスコミはジャニーズタブーで沈黙のままの画像1
朝日新聞で手越祐也が認めるも芸能マスコミは…

 本サイトでも報じた博多7億5000万円金塊強奪事件とジャニーズ事務所のアイドルグループNEWSの手越祐也の関係。この事件で逮捕された一人、小松崎太郎容疑者のフェイスブックに手越と思われる人物との親密写真がアップされていることを先日本サイトで報じたが、やはり、写真の人物は手越本人だった。

 その真偽に関し26日、ジャニーズ事務所が朝日新聞の取材に応じ、写真の人物が手越本人だったことを認め、「本人も、軽率だったと反省している」とのコメントを出したのだ。朝日新聞によると、事務所のヒアリングに対し手越が「お店でたまたま一緒になり、『一緒に撮って』と求められ、応じてしまった。軽率だった」「写真の人とは面識もないし、名前も知らない。その後の付き合いもない」と語ったという。

 “決して親密な関係ではなく、偶然のファンサービス”。どこぞの政治家のような苦しい言い訳だが、こうした事態にジャニーズ事務所が異例の対応をしたのは、ことの重大さを物語っているからにほかならない。さらに、ジャニーズタブーに弱い芸能マスコミでなく朝日新聞だったからこそできた記事だろう。

「この記事を報じたのは、地方局に勤務する若手記者で、この金塊事件もずっと追っている記者です。純粋に事件取材の一貫として取材したのでしょう、容疑者の交友関係を洗うのはごく当たり前のことですから。それに地方局で中央マスコミのジャニーズへの忖度の空気と無縁だったからこそできた記事といえるでしょう」(大手紙関係者)

 ジャニーズ事務所所属のタレントの不祥事はウヤムヤになってしまうことが多いなか、手越自身に写真が本人であることを認めさせたのはお手柄だ。

 それに引き換え、情けないのは中央の芸能マスコミだろう。というのも、今回ネットでは大きな話題となっていた手越と金塊強奪事件容疑者との関係について、ワイドショーを始めとする芸能マスコミはそれを一切黙殺していた。その理由は言うまでもなく、マスコミのジャニーズタブーにある。センセーショナルな事件の容疑者とタレントの交友疑惑は普通ならワイドショーの格好のネタだ。これがもし弱小事務所のタレントであれば、ワイドショーで騒ぎ立てて、公の場での謝罪にまで追い込んでいたことはまちがいない。しかしジャニーズタブーをまえに、写真の存在を見て見ぬふり、なかったことにしてしまっているのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

金塊事件容疑者との写真はやはりNEWS手越だった! 本人が認めるも、芸能マスコミはジャニーズタブーで沈黙のままのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NEWSジャニーズ手越祐也編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
12 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画