ピース綾部・又吉コンビが『しゃべくり』で最後の姿…綾部に渡米を決断させたのはやはり「コンビ格差」問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ピース綾部・又吉コンビが『しゃべくり』で最後の姿…綾部に渡米を決断させたのはやはり「コンビ格差」問題の画像1
日本テレビ『しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話合体SP』より


 綾部祐二のニューヨーク行きをきっかけに、コンビとしての活動を休止することが発表されているピース。今夜放送の『しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話合体SP』(日本テレビ)がコンビ揃っての渡米前最後のテレビ出演となる。

 昨年10月8日に開かれた会見では綾部自身「前からアメリカでやってみたいという思いがあった。だからまずはニューヨークでやってみようかなと思いまして」(『お笑いナタリー』)と、急に思い立ったことではないと説明していたが、その一方で、「昨年、先生(又吉)が偉業を成し遂げたので、自分も何かやってやろうという気持ちが芽生えた」(前掲『お笑いナタリー』)とも語るなど、この渡米の裏にはやはり芥川賞受賞以降どんどん開いていく又吉直樹との間のコンビ格差が関係しているとの見方が強い。

 ピースが若手コンビとして頭角を表し始めた頃、目立っていたのは又吉よりむしろ綾部のほうだったのはご存知の通り。それが瞬く間に逆転してしまったことは、綾部の心に相当な負荷をもたらしたのだろう。

 お笑いコンビにとって、このような格差は大きいダメージを与える。ダイノジもピースとまったく同じような境遇をたどったコンビだが、そんなダイノジの大谷ノブ彦は、相方の大地洋輔が世界エアギター選手権に優勝し、これまでコンビをリードしてきた立場から陥落、コンビとしてではなく、相方ピンの仕事まで舞い込んでくる状態になったとき、自殺直前にまで追い込まれたと語っていた。

 当サイトでは以前、そんなダイノジ大谷の苦悩と、そこからの復活を扱った記事を配信したことがある。ここに再録するので、是非読んでほしい。又吉は芥川賞受賞後2作目となる小説『劇場』(新潮社)を書き上げ、小説家として順調な活躍を続けている。綾部は渡米の経験を通して復活することができるのだろうか。
(編集部)

********************

 今月8日、ピースの綾部祐二が記者会見を開き、来年4月から拠点をニューヨークに移すことを発表。又吉直樹とのコンビの仕事はいったん休止し、今後はハリウッド俳優を目指して活動していくことになるという。

 一部報道では、現在の年収4000万を投げ捨ててのハリウッド挑戦とも言われているが、それだけのリスクを背負ってまで彼が日本の芸能界から離れるのは、やはり『火花』(文藝春秋)が芥川賞を受賞して以降、コンビ間のパワーバランスが逆転してしまったからなのではないかとの見方が強い。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ピース綾部・又吉コンビが『しゃべくり』で最後の姿…綾部に渡米を決断させたのはやはり「コンビ格差」問題のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ダイノジピース又吉直樹大谷ノブ彦綾部祐二編集部芥川賞の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
2 日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
3 幼稚園を突然クビに!理由なき解雇との戦い
4 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
5 指原莉乃がセクハラをハニトラと
6 石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
7 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
8 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
9 高プロ法案の強行採決を許すな!
10 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
11 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
12 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
13 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
14 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
15 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
16 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
17 「不倫学」が教える防止策とは?
18 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
19 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
20 HIROレコ大買収隠しで上戸彩を利用
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
9のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
10安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
11日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12高プロ法案の強行採決を許すな!
13日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
14安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
15星田、村本、博士がデモ批判に反論
16山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
20『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?