日本政府が南スーダンへの武器輸出禁止決議を棄権! 自衛隊“駆けつけ警護”だけが目的の安倍政権に大義なし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
abe_01_161224.jpg
首相官邸ホームページより


 南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)で、新任務「駆けつけ警護」を付与された自衛隊の現地入りが完了してから1週間とちょっと。日本政府がその南スーダンをめぐってとんでもない行動に出た。

 23日、国連安全保障理事会の南スーダンに対する武器の輸出などを禁ずる制裁決議案の採決があったのだが、日本政府はその採決を棄権したのだ。その結果、採択に必要な理事国15カ国中9カ国の賛成を得られず、決議案が否決された。

 制裁決議案の提出国であるアメリカのサマンサ・パワー国連大使は「非常にがっかりしている。国連の事務総長までもが、過剰な武器の流入によって大勢の人々が命を落としていると指摘しているのに、これ以上議論を続ける必要があるのか。現地の残虐な状況に安保理メンバーの良心は揺り動かされないのか」(NHKニュースより)と、反対国や棄権国を厳しく批判した。

 当然だろう。南スーダンでは政治的対立及び部族間対立を背景とする政府軍と反政府軍の戦闘が断続的に発生している。また治安悪化で政府軍による市民の虐殺も起きており、南スーダンの人権問題を調査する国連の委員会は「飢えや集団強姦、村の焼き打ちといった形で、国内各地で既に民族浄化が進んでいる」「国際社会には(大虐殺に発展することを)防ぐ義務がある」と警告を発していた。

 今回の制裁はこうした状況を受けて、反政府軍、政府軍両方に武器の輸出禁止をするというもので、ジェノサイドを止めるためには絶対必要な措置だった。

 ところが、ジュバのPKOに自衛隊を派遣する日本政府はこの制裁案の対象に政府軍が含まれていることにずっと難色を示してきた。欧米諸国から「武器流入の削減や、憎悪や暴力をあおる人物への制裁をなぜ問題視するのか」と強く批判されても、その姿勢を変えようとしなかった。いったいなぜか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 官邸が文科省前次官の実名証言ツブし
2 安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
3 松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
4 加計に利権独占させた安倍政権の手口
5 共謀罪成立で横浜事件の恐怖が再び
6 木村拓哉帰国でJがトンデモ情報操作
7 室井佑月が共産党に「ネトサポつくれ」
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 村上春樹が「歴史修正主義と闘う」宣言
10 室井佑月が共産小池晃と安倍答弁を分析
11 佐野元春が共謀罪反対「治安維持法だ」
12 報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
13 加計学園疑惑に決定打、安倍側近が圧力
14 京大の入学式にまで…JASRACの強欲
15 『夫のちんぽ』著者が抱える恐怖とは
16 秋篠宮家の料理番がブラック告発
17 加計学園総帥が「首相の後ろ盾ある」
18 スノーデンが警鐘鳴らす日本の監視体制
19 共謀罪が衆院委員会で強行採決の暴挙
20 生前退位ヒアリングで「天皇はおかしい」
PR
PR
1報ステ後藤謙次の安倍批判がキレキレ!
2『あさイチ』が基地に苦しむ沖縄を特集!
3共謀罪が衆院委員会で強行採決の暴挙
4松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
5加計学園「総理の意向」文書は本物!
6佐野元春が共謀罪反対「治安維持法だ」
7加計学園疑惑に決定打、安倍側近が圧力
8 共謀罪に周防監督らも猛反対の声
9安倍が朝日の加計学園報道をテロ認定!
10安倍の9条加憲は日本会議幹部の発案
11室井佑月が共産小池晃と安倍答弁を分析
13室井佑月が共産党に「ネトサポつくれ」
15ガンダム“生みの親”が安倍首相批判!
16水木しげるが50年前に書いた文章が発掘
17安倍の改憲で高等教育無償化はまやかし
18官邸が文科省前次官の実名証言ツブし
20松井知事を松本人志、坂上忍がヨイショ
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」