山田孝之が「ウシジマくん」の役に乗っ取られた!? インタビューで「努力は格差で埋まる」「闇金の客はバカ」と自己責任論連発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ushijima_161113.jpg
『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』公式サイトより


 実写『闇金ウシジマくん』シリーズとなる『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』が現在公開中の山田孝之。同時期公開の『何者』では主人公の心の醜さを深い洞察力で見抜く先輩役を好演していたのも記憶に新しい彼だが、「PICT-UP」(ピクトアップ)2016年12月号のインタビューで「格差問題」について質問されると、まるで「自己責任論」を肯定するかのごとき、大変残念な発言を繰り出していた。

「格差ってなんで広がるんですかね? 努力じゃ埋められないものがあるってことかな。でも、一番トップまではいけないにしても、努力すればある程度までは絶対誰でもいけるはず」

 そして、インタビュアーが「努力」に煮詰まっている読者へ助言をお願いすると山田はこう返す。

「まず、今日から毎日1時間、課題について考える時間を増やせばいいんじゃないですか? 30分でもいいですよ」

 しかし、ブラック企業でこき使われていたりと、なかなかそんな心の余裕すらもてない人もいる。そのことをインタビュアーが指摘すると、そんな会社は辞めたらいいと切り捨てたうえ、彼はこう断罪するのであった。

「そんなの言い訳でしかない! 絶対に!! 1日24時間あるんですよ?」
「ここをやめたら、次採用してくれるところがあるか不安でやめられないんですよね。だったら自分で起業してもいいし、自営業をやったっていい。これでもいいかとあきらめているからその状況に陥ってしまうわけで。結局失敗を恐れていたら何もできないですよ。失敗だと思わず、いい勉強になった、次から気を付けようって思えばいい」

 まるで、劇中で彼が演じる、10日5割の違法金利で貸し出す消費者金融「カウカウファイナンス」社長・丑嶋馨が乗り移ったかのごとき厳しい発言だが、映画やドラマのなかに出てくる消費者金融の客たちに対しても彼は容赦なく吐き捨てる。

「でもこの作品に出てくる人、考えなさすぎじゃないですか? 全員、もっと考えて行動しろよ!と。そんな人たちをどうしたらって言われても……バカだなあ!としか言えない。考えずに行動して文句ばかり言われても、知らねえよって話ですよね(笑)」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

山田孝之が「ウシジマくん」の役に乗っ取られた!? インタビューで「努力は格差で埋まる」「闇金の客はバカ」と自己責任論連発のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ウシジマくん山田孝之新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
12 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
19 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画