LINEスタンプで組員を緊急召集、なぜか本を書きたがる組長…報道には出てこないヤクザの意外な素顔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yakuzalife_161103_top.jpg
上野友行『ヤクザライフ』(双葉社)

 山口組の分裂から約1年超。当初予想されたような全面抗争は起きていないものの、この10月には、和歌山で山口組系暴力団幹部7人が神戸山口組系団体の会長を暴行死させたとして逮捕されるなど、血生臭い事件は断続的に起きている。

 マスコミ、特に、「アサヒ芸能」(徳間書店)、「週刊大衆」(双葉社)、「週刊実話」(日本ジャーナル出版)といったヤクザ報道に強い実話系週刊誌は、そういった事件をおどろおどろしい筆致で描き出しているわけだが、いくら暴力団といえど、1年365日ずっと命を張った駆け引きをしているわけではないし、チャカやドスを手に切った張ったの大立ち回りを演じているわけではない。彼らにも我々と同じ普通の日常生活がある。

 各実話誌に寄稿しつつ、その人脈を活かし『闇金ウシジマくん』(小学館)作者・真鍋昌平氏の取材コーディネートも担当しているフリーライター・上野友行氏の著書『ヤクザライフ』(双葉社)には、硬派な実話誌には決して出てこない、しかしヤクザに近しいライターだからこそ知り得る、彼らの知られざる裏の顔が赤裸々に描かれている。

 我々の生活には欠かすことのできなくなった、Twitter、LINE、FacebookといったSNS。当然のことながらヤクザもこういった最新のコミュニケーションツールを使っており、特に若い衆にとって一番身近な連絡方法は世間一般の若者と同じく、電話やメールではなくLINEである。本書では若い衆を束ねる若頭の発言とともにこのように綴られている。

〈「やっぱ、LINEてのは便利なので。今までは電話でひとりひとり呼ばなきゃいけなかったのが、グループトークで一発でしょ。大体、最近の若い連中は電話だと出ませんし。文字で証拠が残るので『聞いた聞いてない』の話も防げますしね」
 そうなのだ。近年、ヤクザの大半はLINEを使っていて、組や仲間内で「グループ」を作り、頻繁に連絡を取り合っている。「親父から緊急です」「姐さんの誕生日プレゼントなににしましょう?」「○○通りで検問やってるので気をつけてください」などなど、取材中もバンバン通知が届くので、彼らもちらちらスマホ画面に視線をうつすことになる〉

 ただ、主だった連絡手段がLINEになったことにより困った事態も起きているらしい。最近の若い衆には、身体を鍛えているのに極端にケンカや揉め事を嫌がる「マイルドヤクザ」が増えているようなのだが、彼ら若い衆とのやり取りのなかで、「キャバクラ△△で□□組が暴れてるんでみんなすぐ来てください」といった連絡のときにそれを見なかったことにする例が頻発。そこで若頭が考え出したのがスタンプを使うことだった。暴力沙汰の揉め事に関するメッセージが飛び交うなかに、突如かわいいスタンプが貼られるのはシュールな光景だが、それにはこんな裏事情があるようだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

LINEスタンプで組員を緊急召集、なぜか本を書きたがる組長…報道には出てこないヤクザの意外な素顔のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹暴力団の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
2 日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
3 幼稚園を突然クビに!理由なき解雇との戦い
4 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
5 指原莉乃がセクハラをハニトラと
6 石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
7 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
8 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
9 高プロ法案の強行採決を許すな!
10 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
11 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
12 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
13 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
14 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
15 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
16 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
17 「不倫学」が教える防止策とは?
18 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
19 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
20 HIROレコ大買収隠しで上戸彩を利用
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
9のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
10安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
11日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12高プロ法案の強行採決を許すな!
13日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
14安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
15星田、村本、博士がデモ批判に反論
16山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
20『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?