『おそ松さん』藤田監督もリスペクトするカリスマDJ・高野政所が明かす大麻逮捕後の留置場体験記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
zenkaojisan_160912.jpg
『前科おじさん』(スモール出版)

 高野政所という人物をご存知だろうか? 2010年代はじめ、コアな音楽ファンから熱狂的な支持を得て、サブカル界に強い影響を与えたDJ、ミュージシャンだ。

 実は『おそ松さん』(テレビ東京)で社会現象を起こした藤田陽一監督も高野から影響を受けたひとり。藤田監督は高野が運営していたクラブ「ACID PANDA CAFE」に足しげく通い、高野がブログで提唱した「自意識ライジング」という言葉を『おそ松さん』で使用し、後述する高野の本にはこんな推薦文まで載せている。

「『おそ松さん』だって、この男の影響がなけりゃできてないですよ」

 高野が最初に注目を集めたのは、ラジオパーソナリティとしてだった。2009年より『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』(TBSラジオ)にほぼ準レギュラー状態で何度も出演、そのトークの腕を買われて11年からは『ザ・トップ5』(TBSラジオ)のパーソナリティーを任せられるにまでいたった。

 一方、ミュージシャンとしてもインドネシア産のダンスミュージック「ファンコット」などをJ-POPに持ち込み、川島海荷の所属していたアイドルグループ・9nineをはじめ多くのアーティストの作品に楽曲提供やリミックスで参加。14年12月にはユニバーサルミュージックからメジャーデビューまで果たした。

 しかし、15年3月3日、飛ぶ鳥を落とす勢いだった彼のキャリアに致命的な打撃を与える事件が起きる。大麻所持での現行犯逮捕である。地上波のニュース番組でも大きく報じられたので覚えている方も多いだろう。結局、この件は懲役6カ月、執行猶予3年の判決がくだるのだが、彼はこの逮捕を重く見て、「ACID PANDA CAFE」は閉店、DJ業もラジオパーソナリティ業もいったん止め、1年間の活動自粛を宣言した。

 現在は謹慎も解きDJ業も本格的に再開させつつあるのだが、そんななか、留置場で過ごした日々を反省と自虐を込めて書き下ろした獄中記『前科おじさん』(スモール出版)が出版され話題となっている。

 当然のことながら留置場での生活では、普通の日常生活で絶対に体験しないようなことが連続して起きる。1日目からしてこれだ。

〈すぐに身体検査で裸にされた。そしてパンツを下ろして、床ではなく壁に手を着いて肛門の中までチェックされる。確かにこれは情けないし、人権が一気になくなった感がある。
 それから、自分は仮性包茎なもので普段はちんちんの皮がかぶさっているのだが、「ハイ、剥いて」と言われて、自分で自分のモノの皮を剥いて亀頭を露出させられチェックされた。「いやー、さすがにケツの穴やちんこの皮に何か隠したりはしないだろう!」と思いながら、「いよいよ始まったな」とも思った〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『おそ松さん』藤田監督もリスペクトするカリスマDJ・高野政所が明かす大麻逮捕後の留置場体験記のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。おそ松さん新田 樹藤田陽一高野政所の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 日大附属アメフト部出身のオードリー沈黙の理由
2 日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
3 幼稚園を突然クビに!理由なき解雇との戦い
4 「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
5 指原莉乃がセクハラをハニトラと
6 石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
7 是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
8 安倍の加計との面会否定が信じられない理由
9 高プロ法案の強行採決を許すな!
10 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
11 のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
12 岩城滉一騒動で「在日」差別激化
13 安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
14 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
15 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
16 弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
17 「不倫学」が教える防止策とは?
18 岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
19 安倍の改憲強行姿勢の裏で自民党と電通が国民投票対策
20 HIROレコ大買収隠しで上戸彩を利用
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?
1安倍が前川前次官の発言をでっちあげ
2岸井成格が安倍官邸から受けた圧力
3安倍の加計との面会否定が信じられない理由
4是枝監督のカンヌ受賞作は貧困叩きへの違和感から
5 安倍内閣が「面会確認困難」の閣議決定
6産経と杉田水脈が政権批判の学者狩り
7柳瀬氏答弁を京産大、愛媛県知事が批判
8 新潟県知事選で自公候補の“エセ県民党”ぶり!
9のんが水木しげる全集に「戦争は本当にダメだ」
10安倍の金正恩評価発言に極右勢力は? 
11日テレ南京検証番組がネトウヨに徹底反論
12高プロ法案の強行採決を許すな!
13日大アメフト部よりヒドい安倍首相の答弁
14安倍の嘘を証明する文書を愛媛県が提出
15星田、村本、博士がデモ批判に反論
16山本大臣が「加計ありき」で京産大に圧力
17石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
18弁護士懲戒を煽動のブログ「余命」の悪質
19「本省相談メモ」でわかった森友優遇の理由
20『かぐや姫の物語』は#MeTooを先取り
PR 仮想通貨に巨大革命か...仮想通貨だけの経済圏を目指す「マイン」とは?