小泉今日子が上野千鶴子との対談で「劣化ジャッジ」的価値観を批判!「アンチエイジング」「美魔女」にもNO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
koizumi_160904.jpg
小泉今日子ビクター公式ページより


 40〜50代の女たちに用いられる「美魔女」という言葉が生まれて以来、ネット上では対抗するかのように「劣化」ジャッジがさかんに行われている。たとえば、表舞台である女性ファッション誌などでは「アラフォーの星」ともてはやされる平子理沙も、ネット掲示板では「アンチエイジングの鬼」として扱われ、やれ「サイボーグ」だ、やれ「整形オバケ」と評され、一方、永作博美や元JUDY AND MARYのYUKIは「30代で通用する」「まだイケる」「もう無理」などと判定合戦が繰り広げられている。

 この「劣化」ジャッジの根底にあるのは、言うまでもなく「若づくりをしていないのに若く見えることが美しい」という価値基準だ。つまり「年相応」であることは、もとより論議から除外されているのである。

 そんな議論に、あの人が一石を投じた。能年玲奈改めのんや二階堂ふみといった若手女優たちからは“姐さん”として慕われ、女優界のオピニオンリーダーになりつつある小泉今日子だ。

 小泉がこの問題に言及したのは、アラフォー向けファッション誌「GLOW」(宝島社)での対談連載でのこと。ゲストは社会学者であり、日本を代表するフェミニスト論客である上野千鶴子。上野は、今年2月に50歳になった小泉に対して、「メノポーズ(更年期)は、経験しておられますか?」とズバリ直接的に尋ね、キョンキョンも「あ、まだちょっと大丈夫な感じ、かな」と答えるなど、第一線の現役女優とフェミニストの邂逅というべき刺激的な対話となっているのだが、このなかで上野が「アンチエイジングって言葉が、大嫌いなんです」と言うと、小泉もそれにこう呼応したのだ。

「私もです。ずっとアイドルの仕事をしてきて、30代の半ばくらいから「かわいい!」って言われる中に、「若い!」という声が入ってくるようになって。これ違くない? 喜んじゃいけないんじゃない?って」

 小泉のこうした反応に、上野も「「美魔女」とかに出てこられるとね」と揶揄。すると小泉は、「はい。これは抵抗しなきゃと。私は「中年の星」でいいんじゃないかと思ってます」と堂々宣言するのだ。

 さすがはトップアイドル時代から刈り上げヘアにしてみたり、魚拓ならぬ人拓を発表したりと、アイドルの既成概念を打ち壊してきたキョンキョン。30代の時点から「若い」という世間一般の褒め言葉に躍らず「違くね?」と違和感をもってきたと言い、目指すべきは「美魔女」ならぬ「中年の星」だと語るのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

小泉今日子が上野千鶴子との対談で「劣化ジャッジ」的価値観を批判!「アンチエイジング」「美魔女」にもNOのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。上野千鶴子劣化大方 草小泉今日子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
12 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
19 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画