AV出演の過去が発覚しゴールドマン・サックスが内定取り消し!解雇、イジメ、離婚…元AV女優差別のヒドい実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
goldmansachs_160602_top.jpg
ゴールドマン・サックス証券HPより


 AVに出演していた過去が明るみになり出演番組をすべて降板、勤めていたテレビ愛知からも去ることを余儀なくされたアナウンサー・松本圭世氏の騒動をはじめ、芸能人や大企業社員のAV出演歴暴きが後を絶たない。本サイトでも以前、小学館の女性新入社員が仮配属期間中にAV出演歴が発覚し、花形の編集職ではなく閑職に追いやられてしまった記事を配信しているが、またもやそのような騒動が報道された。今度はなんと、ゴールドマン・サックス(以下、GS社)から内定をもらっていた女性が、大学時代にAV女優として活動していたことが明るみになったのが原因で内定取り消しをされてしまったと言うのだ。

「週刊現代」(講談社)2016年6月11日号によると、内定取り消しをされてしまった女性は「みなもとしずか」の芸名でAV女優として活動。TOEICスコア935点の知識を活かして流暢な英語を披露し、「IQ130」をキャッチフレーズとしていた。頭の良さと作品のなかで見せる淫猥な姿とのギャップが人気を呼んでいたようだ。動画配信サイトDMMを見ると、現在も約10本ほどの出演作がラインナップされている。

 彼女がAV女優として活動していたのは、大学1年生から2年生にかけて(11年ごろ)。前述の通り、その後、見事GS社から内定をもらうのだが、内定をもらった年の12月のある日、突然内定取り消しの連絡が入る。記事ではその理由についてGS社に取材しているが、会社側はノーコメント。しかし、同社の内情に詳しい金融関係者のコメントとして、このような発言が掲載されている。

「高度な清廉性が求められる女子アナとは違いますし、通常、過去の経歴だけで内定取り消しには至りません。実は、年末が迫ったある日、突然GSへ『内定者に、AV女優のみなもとしずかがいる』という匿名の電話がかかってきたそうなんです。そこで、内定者の周辺を調べ直したところ、みなもとさんの私生活で就業規則に抵触するような部分が見つかったようで、内定を取り消すに至ったといいます。直接的に、AV出演だけが理由というわけではないようです」

 本来であれば、過去にAV出演していようと、入社前の話であるならばそのような経歴でもなんの問題もない。なので大学時代にAV女優であったことが発覚したとしても、本来であればGS社が改めて内定者の周辺を調べ直す必要は何もない。これは、「AV出演」だけでは内定取り消しの理由にはならないため、GS社側が他の理由づけのためにあら探しをしたということだろう。

 従業員の権利保護には、日本の企業以上に意識的であるとされる外資系企業でさえ、このような事例が生まれるということが分かった今回の騒動。しかし、先ほども述べた通り、AV出演の過去は懲戒や内定取り消しの理由にはならない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

AV出演の過去が発覚しゴールドマン・サックスが内定取り消し!解雇、イジメ、離婚…元AV女優差別のヒドい実態のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ゴールドマン・サックス内定日経新聞田中 教週刊現代鈴木涼美の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 終戦の日の自民党声明から「民主主義、基本的人権」が消えた
2 NHKの戦争特集に和田政宗が圧力
3 『報道特集』が報じた日本軍の証拠隠滅の実態
4 杉田水脈がLGBT差別にほっかむりで極右集会に
5 安倍昭恵完全復活! 支持者会合に首相と登場
6 宮崎駿も鶴瓶も安倍政権にNO!
7 安倍「臨時国会に改憲案」の醜悪な裏
8 創価学会が靖国神社「みたままつり」に提灯奉納!
9 安倍への忖度?山口県警が安倍系建設会社の捜査握り潰し 
10 SMAPの寂しすぎる最後は仕方ない!
11 『報ステ』チーフPは安倍応援団とお友達か
12 読売、産経の安保報道を池上彰が批判
13 文科省が大学に「五輪中は授業やるな」と学徒動員
14 黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
15 安室奈美恵の翁長知事追悼にネトウヨが「反日」攻撃!
16 安倍が選挙妨害を依頼した男と密室謀議
17 ディズニーランドでキャストがパワハラ提訴
18 北朝鮮の日本人拘束事件で政府が報道管制
19 ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
20 久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
1久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
2広島原爆の日に安倍首相が卑劣な詐欺行為
3山本太郎と久米宏が安倍政権、原発タブー、杉田水脈を斬る
4翁長知事は最後まで安倍政権のいじめと闘い続けた
5安室奈美恵の翁長知事追悼にネトウヨが「反日」攻撃!
6松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
7ネトウヨ局アナがテレ朝のお昼の顔に
8安倍自民党が佐川宣寿の偽証罪告発潰し
9NHKの戦争特集に和田政宗が圧力
10松尾貴史と室井佑月が語る安倍政権のメディア圧力
11安倍が杉田水脈問題に「なんで騒いでるの」
12創価学会が靖国神社「みたままつり」に提灯奉納!
13安倍「臨時国会に改憲案」の醜悪な裏
14 終戦の日の自民党声明から「民主主義、基本的人権」が消えた
15 安倍昭恵完全復活! 支持者会合に首相と登場
16安倍の態度には長崎の被爆者代表が激怒「毎年一緒」
17安倍首相が津川雅彦に特別扱い追悼会見
18北朝鮮の日本人拘束事件で政府が報道管制
19『報道特集』が報じた日本軍の証拠隠滅の実態
20文科省汚職は安倍の加計接待とそっくり

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄