>  >  > 能年玲奈は独立できるか?飼い殺しも

能年玲奈は本当に独立できるのか? 事務所に飼い殺しされバッシングを受けた3年間 、「干されて終わる」と叫ぶテープ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
nounenrena_160524.jpg
能年玲奈オフィシャルファンクラブ「くるぶし。」公式サイトより


 所属事務所・レプロエンタテインメントとのトラブルで長らく芸能活動が停滞していた能年玲奈が、今年6月いっぱいで切れるレプロとの契約延長の打診に応じず、独立する方針であることが発表された。これからは、ブレイク前より演技指導などをしてもらっていた滝沢充子氏と一緒に設立した個人事務所で活動していくことになると思われる。

「日刊スポーツ」の報道によれば、〈レプロ側は最後まで契約延長をあきらめていない〉(5月24日付)となっているが、それはまったくの嘘だろう。能年玲奈を干しあげ、飼い殺しにしてきたのは他ならぬレプロだからだ。

『あまちゃん』(NHK)での大ブレイク後、能年はこれからの日本の映画界・ドラマ界を背負って立つ若手女優として皆から期待されていた。しかし、その後、目立った活動は、映画『ホットロード』『海月姫』やドラマ『世にも奇妙な物語』(フジテレビ)への出演ぐらい。あとはほとんど仕事らしい仕事を与えず、干しあげていた。

 そして、能年が事務所側のマネジメントに不信感をもち、独立を願い出ると、ブレイク前から指導を受けてき滝沢氏に「洗脳」されている、として、独立を認めず、すべての仕事を剥奪。能年は全く仕事のない飼い殺し状態におかれてしまった。

 それだけではない。週刊誌やスポーツ紙に独立騒動の情報を流し、能年バッシングの流れをつくりあげた。逆に、そのリークに乗らず、能年側に立って、『あまちゃん』出演時のギャラはたった5万円だった、などひどい待遇を報じた「週刊文春」(文藝春秋)には訴訟まで起こして、マスコミを黙らせてしまった。

 その間に、同じく『あまちゃん』からブレイクした有村架純は、映画『ビリギャル』や『アイアムアヒーロー』など、興行的にも批評的にも高い評価を得る作品に次々と出演。『ビリギャル』にいたっては日本国内のみならず、中国でもヒットを記録し、『あまちゃん』以降失速してしまった能年とは対照的に、若手女優として確固たる地位を築いている。また、順調に活動していれば能年の立ち位置であったであろう清純派若手女優の枠には、広瀬すずがおさまり、こちらも、『海街diary』に『ちはやふる』シリーズと、話題の映画に次々と出演。揺るぎない地位を固めている。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
2 吹石一恵の音痴エピソード
3 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
4 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
5 保護なめんなジャンパーは氷山の一角
6 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
7 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
8 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
9 デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
10 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
11 「不倫学」が教える防止策とは?
12 佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
13 トランプ以前から米は日本を守る気ない
14 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
15 M1準優勝・ハリガネロック解散の真相
16 キムタク最大のタブーとは?
17 今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
18 室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
19 池田大作の「代筆」を元職員が実名告発
20 安倍政権が“国策映画”計画へ
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
3室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
4安倍の共謀罪法案強行の裏に危険な意図
5トランプのマスコミ排除は日本でも
7アパホテルのトンデモ極右思想の正体
8原発ムラが新潟県知事にネガキャン!
9デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
10安倍政権が“国策映画”計画へ
11今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
12SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
13メリルストリープの指摘は日本のことだ
14慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
15『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
16アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
17政権が原発被害隠しにDASH村利用
18佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
19DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
20安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」