熊本大地震「激甚災害指定」に消極的な安倍官邸が3年前、山口県の豪雨ではすぐに指定を明言していた! なぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
abe_01_160418.jpg
地元山口と今回の熊本への対応でこの差……(首相官邸HPより)


 もしかして、安倍首相は今回の熊本大地震を必要以上に小さく見せたい理由でもあるのだろうか。一昨日、18日の衆院TPP特別委員会で、熊本大地震を受けて消費増税見送りの可能性を聞かれた安倍首相がこんな答弁をした。

「大震災級の事態にならない限り予定通り引き上げていくという基本的な考え方に変わりはない」

 ようするに、熊本大地震は「大震災級の事態」ではない、というのである。20日時点で死者48人、重軽傷者1000人以上、避難者19万人以上、全壊家屋は益城町だけでも750棟にもおよぶ。これのいったいどこが大震災ではないのか。被災地の人々の感情を考えると、あまりに無神経な発言と言っていいだろう。

 これだけではない。安倍首相の熊本への消極的姿勢を示すのが、例の「激甚災害指定」をめぐる問題だ。

 激甚災害指定については、熊本県の蒲島郁夫知事が15日の段階で早期指定を求めていたが、安倍政権は現時点でも指定を行っていない。そして、そのことを国会で追及された安倍首相は、やはり18日の国会で、「事務的な数字を積み上げていかないと法律的にできない」と弁解した上、「(激甚災害指定が)今日、明日、明後日ということになったとしても災害支援には何のかかわりもないこと」と突き放すような発言をしている。

 ネット上の安倍応援団も同様の主張をして、安倍首相を後押ししている。曰く「激甚災害指定は予算措置であって、慌てて指定する必要はない」「民進党は、激甚災害指定の意味がわかっていない」……。

 しかし、こうした安倍官邸が3年前の自然災害では、今、語っていることとまったく対照的な発言、行動をしていたのをご存知だろうか。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 2枚目のFAXを封殺、官邸の情報操作
2 昭恵夫人付役人から籠池に予算化報告
3 籠池証人喚問で自民党議員の質問に唖然
4 籠池の依頼で昭恵夫人が口利きか
5 国税の税務調査を使った報道への圧力
6 安倍が防大卒業式で軍人勅諭ばり訓示!
7 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
8 籠池インタビューから証人喚問を予測
9 安倍100万円振込票と長女の目撃証言
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 籠池独占取材した菅野完爆弾会見の中身
12 安倍応援団の情報操作に騙されるな!
13 松本人志が森友問題から逃げた!
14 田崎史郎に自民党が政党交付金から金
15 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
16 「小林多喜二を政治利用するな」の炎上
17 昭恵夫人の口利きで8千万円の予算が
18 籠池理事長の豹変の裏に官邸からの圧力
19 松井知事が森友認可前に私学課に圧力?
20 日本会議が森友学園をネトウヨと排撃
PR
PR
1籠池独占取材した菅野完爆弾会見の中身
2福島原発事故の主犯は安倍晋三だ!
3小籔千豊「教育勅語は悪くない」は無知
4福島飯舘村からの悲痛な叫びを報ステが
5安倍の南スーダンPKO撤収の姑息な裏
6 昭恵夫人付役人から籠池に予算化報告
7安倍首相の3.11会見打ち切りの冷酷
8安倍が防大卒業式で軍人勅諭ばり訓示!
9籠池理事長が「安倍首相から100万円」
102枚目のFAXを封殺、官邸の情報操作
11籠池理事長の豹変の裏に官邸からの圧力
12籠池理事長が稲田朋美との関係を証言
13安倍100万円振込票と長女の目撃証言
14甲状腺がん「原発と関係ない」に反論!
15教育勅語復活論者の現代語訳はニセ物だ
16迫田、松井、昭恵も証人喚問せよ
17安倍応援団の情報操作に騙されるな!
18“第二の森友学園”関係者を最高裁判事に
19森友で橋下と松井が国の圧力暴露も…
20昭恵夫人の口利きで8千万円の予算が
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」