虐待による自宅軟禁、保護者の介護、ホームレス生活…学校や行政も把握していない「消えた子ども」が急増中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kietakodomotati_01_160404.jpg
『ルポ 消えた子どもたち 虐待・監禁の深層に迫る』(NHK出版新書)

「日本は裕福な国」「全ての女性が輝く社会」──。日本の総理大臣・安倍晋三は常々こう胸を張っているが、本当に現実を見ているのだろうか。

 今や日本社会では貧困や格差が確実に定着化しつつある。そして、そのしわ寄せは弱者の中の弱者といえる子どもたちに向かっている。

『ルポ 消えた子どもたち』(NHKスペシャル「消えた子どもたち」取材班/NHK出版新書)に登場する子どもたちは、何らかの理由で社会から隔絶され、学校にも通えず、虐待され、学校や行政からも把握されることなく社会から抹殺されようとした存在だ。なかでも幼少期から18歳まで自宅で監禁状態にあったナミさん(28)のケースは様々な問題を投げかけるものだ。

 ナミさんは保育園時代、隣の友だちの給食を食べたこという些細な出来事がきっかけで母親によって事実上“監禁”された。両親に加えきょうだいの5人家族だったが、なぜかナミさんだけが母親から虐待を受け続けたという。

「隣には監視を続ける母親がいて、本当に気が抜けなくて。いつもびくびくしていて、ちょっとでも何か視線を逸らすと、どこ見てるのよって、耳をつねられたり、たたかれたりして…」(前掲書より。以下同)

 父親やきょうだいはそれを見て見ぬふり。そして小学校にも中学校にも通えないだけでなく、自宅でも普通の生活をすることさえ許されなかった。

〈着替えも用意されず、物置のように使われていた一室が彼女の居場所になった。窓には黒いカーテンが引かれ、ベランダに出ることも外を見ることも許されなかった〉

 座って食事をすることも許されず、風呂やトイレを使うことも許されない。こうして“消えた”ナミさんは18歳の時「死ぬか逃げるか」と決意し、母親が家を出た隙に逃げ出し警察に保護された。

 だが、問題は学校や行政など周囲の対応だ。本書ではナミさんの存在に周囲の“大人”たちがどう反応したかを追跡している。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ルポ 消えた子どもたち―虐待・監禁の深層に迫る (NHK出版新書 476)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

虐待による自宅軟禁、保護者の介護、ホームレス生活…学校や行政も把握していない「消えた子ども」が急増中!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。NHK伊勢崎馨子ども虐待の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
2 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
12 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
13 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
19上念司もケントと同様、加計の客員教授
20セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃