>  >  > 乙武洋匡の本質をマツコが見抜いていた

自民党から出馬予定の乙武洋匡に“不倫”報道、複数愛人説も! マツコ・デラックスが見抜いていたその本質とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ototake_160323.jpg
乙武洋匡オフィシャルサイトより


 夏の参院選で自民党からの出馬が確定的といわれていた作家の乙武洋匡氏。障害者自立支援法で弱者切り捨てを進めた自民党からなぜ?という声も上がっているが、そのさなか、乙武氏に衝撃の“不倫スキャンダル”が浮上した。

「3月24日発売の『週刊新潮』が報じるようです。乙武さんは2001年に早稲田大学の後輩女性と結婚し、昨年には第三子が生まれたばかりですが、妻以外の女性と愛人関係にあったという内容。しかも、一説には二股なんてものじゃなくて、なんと相手の女性が5人もいたという内容らしい」(週刊誌関係者)

 あの乙武氏が複数女性と不倫?──ツイッターのフォロワーも80万人を越し、知名度抜群の乙武氏がもしも不倫をしていたとしたら、彼が築き上げてきたイメージはガラガラと崩れ落ちるが、たしかに乙武氏といえば、以前から“肉食”の噂が絶えなかった。

 たとえば、かつて本人がインタビューで“学生時代にはガールフレンドが4人いた”と語っていたのは有名な話。大学時代の乙武氏については、早稲田商店街関係者による「あいつはいつも違う彼女と歩いてるって噂があったくらいモテますよ」との証言を「女性自身」(光文社)が掲載したこともあった。また結婚の約半年前にはやはり「女性自身」が、乙武氏が20 時間で「モデル風美女」に「派手め美女」そして神田うのと“1日で3人もとデートしていた”と報じているし、他にも、ネット上では“妻以外の女性”の存在がまことしやかにウワサされてもいた。

 前述の週刊誌関係者によれば、そうした“評判”の存在もあり、「週刊新潮」はかなり前から乙武氏の“不倫疑惑”を追っていたというが、しかし、こうした乙武氏の“素顔”について予言ともいえるような分析をしていた人物がいる。タレントのマツコ・デラックスだ。

「週刊SPA!」(扶桑社)14年6月24日号で乙武氏と対談したマツコは、以前から乙武氏をこのように見ていたと語っている。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 相模原事件容疑者は安倍、百田ファン?
2 さんま・中居SMAPトークのヤバい部分
3 雨宮塔子が子供捨てたバッシングに反論
4 ポケモンGOで自民党とマスコミの姑息
5 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
6 小池百合子は“女性の味方”じゃない!
7 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
8 SMAPを殺したのはキムタク
9 小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
10 安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
11 改憲勢力2/3に直木賞作家が危機感!
12 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
13 キムタク最大のタブーとは?
14 中居がキムタクに「納得がいかない」
15 コミケ応援の小池百合子はマンガ規制派
16 甘利明の捜査を潰した法務省幹部の名前
17 大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
18 ジャニー「SMAP解散ない」信用できず
19 能年玲奈に前事務所が「本名、使うな」
20 反安保発言!長渕剛は右翼か反戦か?
PR
PR
1天皇の「生前退位」は安倍改憲への抵抗
2石田純一が「一切の政治発言禁止」処分
3安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
4米空軍機が沖縄で照明弾発射の暴挙も
5鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
6日本会議会長が「軍隊つくる」、安倍も
7小池百合子は“女性の味方”じゃない!
8安倍の御用TVが早速「改憲は必要」
9 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
10小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
11「与党2/3で改憲」発言の教師が謝罪
12小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
13自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
14大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
15安倍応援団「東京五輪で人権制限を」
16改憲勢力2/3に直木賞作家が危機感!
17相模原事件容疑者は安倍、百田ファン?
18水原希子に日本のネトウヨがヘイト攻撃
19小倉智昭が師匠・大橋巨泉に裏切り行為
20雨宮塔子が子供捨てたバッシングに反論
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」