>  >  > 安倍の後援者の息子が高校生会議仕掛け

「高校生未来会議」はやはり安倍政権の高校生取り込み装置!? 仕掛人は安倍首相の地元有力後援者の息子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
revision_160322.jpg
「一般社団法人リビジョン」公式サイト代表あいさつより


 18歳選挙権の実施を前に開かれる高校生の集いが、安倍政権による高校生取り込み装置になる──。

 明日3月23日から3日間に渡って開催される「全国高校生未来会議」をめぐって、こんな危惧の声が再び大きくなっている。

 同会議は選挙権の18歳以上への引き下げを機に、全国の高校生と各政党の代表者らが集まり、日本の課題と若者の政治への関わり方などを議論するという触れ込みのプロジェクト。だが、早い時期からネット上などで「仕掛人は安倍応援団」「実体は高校生を自民党に取り込む別働隊」という指摘がなされていた。

 というのも、同会議の事務局が、斎木陽平なる慶應義塾大学大学院生が代表理事を務める一般社団法人「リビジョン」におかれ、同会議を事実上、仕切っているのもこの斎木氏だったからだ。

 斎木氏は、自分の主催する別の団体のホームページに安倍首相とのツーショットを載せたり、18歳選挙権実現に向けた高校生イベントに昭恵夫人をゲストとして呼んだりと、安倍首相との近い関係をことあるごとにアピール。「親戚」だという情報も流れていた。

 これについてはネット上だけでなく東京新聞も報道しており、2月10日付紙面で、斎木氏が「安倍シンパ」であるとしたうえで、高校生未来会議代表である高校生の「斎木さんは首相の遠い親戚」というコメントを紹介していた。

 ようするに、18歳選挙権の実施を前に開催される高校生の会議を、高校生でもなんでもない、安倍首相を応援する親戚の大学院生が仕切っていたというのだが、これに対して斎木氏と高校生未来会議は「積み上げてきた高校生会議を傷つけられた」「首相シンパとラベリングされたことに強い憤りを覚える」と真っ向から反論。一時はおさまりを見せていた。

 ところが、ここにきてその高校生未来会議を仕切る斎木氏が馬脚を現す事態が起きたのだ。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 医療亡国論の曽野綾子が夫の認知症で…
2 慎太郎「障害者殺戮犯の気持ち分かる」
3 現役自衛官が“海外派兵”強制を暴露
4 もんじゅ廃炉で原発ムラに新たな利権が
5 “万引き老人”たちの壮絶な貧困
6 安倍が米の男女平等イベントで失笑発言
7 炎上!長谷川豊ら「医療亡国論」の詐術
8 SMAP解散は香取慎吾のせいじゃない
9 川島なお美が近藤誠の診断を告発
10 『とと姉ちゃん』を「暮しの手帖」が批判
11 キムタク最大のタブーとは?
12 文春が東京五輪を!電通元専務に金
13 福原愛の活躍の裏に父母との決別が
14 盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
15 TBS山内アナが二重国籍のヘイト攻撃
16 グッディ!土田マジギレ真の原因
17 稲田朋美が夫の軍事産業株保有で逆ギレ
18 「暮しの手帖」に「政治的すぎ」と批判
19 福島原発“凍土壁”崩壊の戦犯は安倍政権
20 安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
PR
PR
1盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
2稲田朋美も富山市議と同じ不正を
3慎太郎「障害者殺戮犯の気持ち分かる」
4辺野古判決の裏に裁判所の露骨人事!
5『とと姉ちゃん』を「暮しの手帖」が批判
6TBS山内アナが二重国籍のヘイト攻撃
7安倍が米の男女平等イベントで失笑発言
8稲田朋美、南スーダン視察中止の無責任
9稲田朋美が夫の軍事産業株保有で逆ギレ
10炎上!長谷川豊ら「医療亡国論」の詐術
11 “万引き老人”たちの壮絶な貧困
12福島原発“凍土壁”崩壊の戦犯は安倍政権
13新潮が天皇の生前退位を“暴走”と攻撃
14新潟県知事不出馬はやはり原発ムラ圧力
15「暮しの手帖」に「政治的すぎ」と批判
16現役自衛官が“海外派兵”強制を暴露
17北朝鮮への先制攻撃論と悪夢のシナリオ
18奴隷労働を強いられるベトナム人留学生
19もんじゅ廃炉で原発ムラに新たな利権が
20医療亡国論の曽野綾子が夫の認知症で…
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」