島崎遥香が「SNSに水着を載せるな」AKBに仕事とられたグラドルの生き残り策を攻撃するぱるるの無神経に怒りの声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
paruru_01_150613.jpg
島崎遥香ファースト写真集 『ぱるる、困る。』(集英社)

 24日に放送された『淳・ぱるるの○○バイト!』(フジテレビ系)にて、AKB48の島崎遥香が同年代のグラビアアイドルに苦言を呈し、その発言がグラビアアイドルファンたちの怒りに火を点けている。番組内で共演者の田村淳からグラビアアイドルに対する印象を聞かれた彼女はこう語った。

「結構年齢が上目のグラビアアイドルとかそういう方は全然良い印象なんですよ。(でも)同年代のグラビアアイドルはマジで……。なんか見てて違うな……。それで頑張ってるんだったらいいんですけど、グラビアやってる自分カワイイみたいな、自分モテるみたいな……」

 相変わらずの毒舌だが、問題は、ぱるるがグラビアアイドルたちにこのような印象を抱くにいたったその理由だった。ぱるるは続けて、次のように語ったのだ。

「(Twitterの)タイムラインで自分を載せちゃうみたいな。Twitterとかで自分の写真とか水着の写真とか載せちゃうみたいな……」

 SNSに水着の画像を投稿している姿が、彼女には「女を武器にしている」「自意識過剰」のように見えていたようだ。だが、グラビアアイドルたちがSNSに水着姿の自撮りを投稿しているのはそのような理由ではない。

 最近でこそだいぶ状況は落ち着いてきたものの、AKB48グループのブレイク以降、青年漫画雑誌などのグラビアページは軒並みAKBメンバーに占拠され、グラビアアイドルたちが自分たちの仕事場を奪われてしまった状況はご存知の通り。

 これにより、グラビアアイドルたちは人前に立つ機会そのものが失われてしまった。そこで登場したのが、倉持由香、吉田早希、塚本舞らによって始められた「グラドル自画撮り部」である。雑誌など既存のメディア上で自分をアピールする機会をもてないのなら、Twitterに自分の自撮り(自画撮り)を載せることで、その写真をサンプル、名刺代わりに少しでも多くの人に見てもらうチャンスをつくろうとスタートしたプロジェクトだった。

 実際、彼女たちの活動は少しずつ浸透し、その後、雑誌の連載、テレビ出演の機会も増えるなどしている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

島崎遥香が「SNSに水着を載せるな」AKBに仕事とられたグラドルの生き残り策を攻撃するぱるるの無神経に怒りの声のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
12 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画