>  >  > 安倍首相が番記者と税金を使い忘年会

高級寿司にローストビーフ…安倍首相が番記者と国民の税金を使って忘年会! 癒着マスコミは恥ずかしくないのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
shushoukantei_01_160109.jpg
国民の税金で番記者とどんちゃん騒ぎした安倍首相(首相官邸HPより)


 酒は飲み放題、高級寿司にローストビーフ──昨年末、官邸で安倍首相が総理番記者とこんな“忘年会”を行ったらしい。しかもコレ、資金が国民の血税だというのだから、開いた口がふさがらない。

 昨年12月25日の午後6時ごろから、首相官邸の地下2階に総理番記者が集い、安倍晋三首相や萩生田光一、世耕弘成ら側近議員と「懇談会」を行った。板前がトロやイクラなどの高級寿司を握り、シェフがふるまったローストビーフは「とろけるような」味わい、安倍首相の前に記者が列をなして、スマホで写メまで撮るほどの懇ろぶりだったという。

 言うまでなく、メディアの使命は“権力の監視”だ。にもかかわらず、安倍首相の一挙手一投足に注視しておかねばならない総理番記者までもが、これほどまでに官邸にとりこまれているとは……。呆れて物も言えないとはこのことである。

 そもそも、安倍政権は、新聞社や通信社、テレビキー局の幹部・論説委員などとの会食を、歴代内閣でも突出して頻繁に行ってきた。もちろん一人あたりの予算数万円という高級店で、である。

 たとえば、昨年の“忘年会シーズン”も、安倍首相は大メディアの幹部クラスと仲睦まじく「会食」をおこなっていた。たとえば、12月4日には東京・京橋の日本料理店「京都つゆしゃぶCHIRIRI」で“マスコミ接待会食”を開催。参加したのは、朝日新聞の曽我豪編集委員、毎日新聞の山田孝男特別編集委員、読売新聞の小田尚論説主幹、日本経済新聞の石川一郎専務といった大手新聞社の重鎮に、安保法制をめぐる報道で安倍首相をアシストしまくっていた時事通信の田崎史郎特別解説委員や、「スシロー」こと島田敏男・NHK解説副委員長と、本サイトでもおなじみのメンツ。また、日本テレビの粕谷賢之メディア戦略局長の名もあった。もっとも、彼らが安倍首相と会食をするのは初めてではなく、ネットや海外メディアでは激しい批判の声もあがっていた。にもかかわらず、性懲りもなく繰り返しているというのは完全に感覚が麻痺しているということだろう。

この記事に関する本・雑誌

安倍壊憲クーデターとメディア支配―アベ政治を許さない

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 長渕剛FNSのマスコミ批判にフジが
2 長渕剛が柳美里と南相馬の校歌を共作
3 つるの剛士が「親学」の広告塔的役割
4 小池百合子の本性が!韓国人学校排除
5 成宮コカイン疑惑をテレビはなぜ報道?
6 つんく♂「アイドルの恋愛」発言に騒然
7 能年玲奈への圧力の有無めぐり論争が
8 グッディ!土田マジギレ真の原因
9 HIROレコ大買収隠しで上戸彩を利用
10 反安保発言!長渕剛は右翼か反戦か?
11 カジノ法案衆院通過!献金疑惑も
12 キムタク最大のタブーとは?
13 つるの剛士が「保育園落ちた」を批判!
14 長渕剛がSEALDsに希望を見た
15 小池百合子にも政治とカネの重大疑惑
16 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
17 星野源が『逃げ恥』非難の声に反論
18 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
19 長渕剛と柳美里が原発に怒りの対談!
20 椎名林檎が“日本会議の巣窟”で講演
PR
PR
1つるの剛士が「保育園落ちた」を批判!
2年金カット強行採決で貧困高齢者が
3安倍が年金カット法案でも強行採決
4稲田朋美が串カツ屋で一晩14万
5椎名林檎が“日本会議の巣窟”で講演
6自民党が女性の社会進出否定する動き
7安倍首相はじめ内閣のデタラメ政治資金
8ASKA逮捕を見せ物にした警視庁
9カジノ法案の背後に安倍とセガサミー
12安倍政権と櫻井よしこがもんじゅ継続を
13カジノ法案強行でギャンブル依存症が
14維新が政党交付金の返還逃れ1億円!
15長渕剛が柳美里と南相馬の校歌を共作
16長渕剛FNSのマスコミ批判にフジが
17能年玲奈への圧力の有無めぐり論争が
18カジノ法案衆院通過!献金疑惑も
19つるの剛士が「親学」の広告塔的役割
20小池百合子の本性が!韓国人学校排除
PR
PR

カテゴリ別ランキング