ファンに枕営業、パンスト、小学校の通知表まで売りつけ…食えない地下アイドルたちの壮絶生活とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 また、今の時代、業界の大人のみならず、ファンとも「枕」してしまうアイドルが後を絶たないそうで、優月はそんなアイドルのことを「出会いドル」と呼び非難する。

〈彼女たちはツイッターやブログのDMでファンと直接連絡を取ったり、ときには実際に会って体の関係を結んだりしています。多いコだと、10人くらいのファンと寝ていることもありますからね〉
〈楽屋でアイドル同士が『あの人はカネになる』と情報交換していたり、『今月、家賃が厳しいんだ』と言って、買ってもらった服を譲り合って転売することも平気で行われています〉

 これらは、「握手会」がメインのコンテンツとなりアイドルとファンの距離が縮まったうえ、ツイッターなどのSNSの普及により事務所が管理しきれないほど、ファンとアイドルをつなぐ手段が多数ある今の時代に特有のものといえるだろう。

 しかし、地下アイドルを襲う肉体・精神面双方での苦労はこれらの他にもまだまだある。集団行動には付きものの「いじめ」だ。ライブ会場で手首を切る騒動を起こし事務所を解雇されたことでネットニュースにまでなったアイドルグループ・エンタの時間の白石さくらは「実話ナックルズ」(ミリオン出版)15年9月号でその実態を語っている。

〈イジメですよね。何もしてないのに無視とか、普通にありますよ。メンバー同士で会話を録音して事務所に渡して解雇させるなんてこともありました。それはさすがにエグいなって思いましたね。気に入らない子をこうやって追い出していくんです。私も事務所解雇されたらソッコーで彼氏とのツーショット写真をネットにバラまかれました〉

 そんなにまで大変な苦労を背負い込み、それでもなお彼女たちを「アイドル」という仕事に向かわせる理由とはなんなのだろうか? 姫乃たまは、その答えは「承認欲求」にあると『潜行 地下アイドルの人に言えない生活』に綴っている。

〈いつもライブが終わって会場を出ると、魔法が解けた感覚になります。普通の女の子に戻ってしまったという感じ。出待ちをしているファンの人も、さっきまで大声で叫んでいた人とは別人のようです〉
〈私生活の私は「普通の女の子」ですが、ライブハウスでは、どういうことか「普通っぽい女の子」になるのです。
 そこでは当たり前のように、お金を払って私とチェキを撮る人たちがいて(お金を受け取る時は、いまでも変わらずドキドキします)、私がきちんと「普通っぽい女の子」になっていることを表しています。私生活の私と、お金を払って写真を撮る人は、まずいないからです〉
〈このように地下アイドルのライブには、「普通の女の子」の価値を「普通っぽい女の子」へと高める仕組みがあります。お金を払う対象に、変化させるということです
 地下アイドルは舞台に立った瞬間、観客に共有されて、熱狂に包まれます。熱狂はその中に、地下アイドルの承認欲求や、ファンの認知欲求などを孕んでいます〉
〈ファンがレス(筆者注:ステージ上のアイドルから目線や手を振るなどのリアクションをもらうことを指す専門用語)やリプライを巡って、熱心にアピールする行為は、地下アイドルの、見られたい、応援されたい、認められたいといった承認欲求を満たす作用があります〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

潜行 地下アイドルの人に言えない生活

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ファンに枕営業、パンスト、小学校の通知表まで売りつけ…食えない地下アイドルたちの壮絶生活とは?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。地下アイドル新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
6 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
9 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
11 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
12 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
15 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
16 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
17 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 葵つかさが「松潤とは終わった」と
20 原発広告に文化人や芸能人が
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画