>  >  > 自殺、他殺、心中…AV女優の非業の死

飯島愛ブログ閉鎖を機に振り返るAV女優たちの“非業の死”…他殺、心中、ジャニーズとの交際のもつれで自殺も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
iijimaai_151011.jpg
飯島愛オフィシャルブログ『飯島愛のポルノ・ホスピタル』より


 2008年12月24日、自宅マンションで亡くなっているのが発見され更新が途絶えた後もコメント欄への書き込みが絶えず、電子空間のなかの「聖地」となっていた飯島愛のブログ『飯島愛のポルノ・ホスピタル』が、彼女の誕生日である10月31日をもって閉鎖されることが発表され話題を呼んでいる。

 映画化やドラマ化もされたベストセラー『プラトニック・セックス』(小学館)など、自らのつらい過去や心の闇をあけすけに語りながら、それでも強く生きた彼女の姿勢は、亡くなった後も多くの信奉者を生み、そのコメント欄には〈さみしくてね、ねむれなくてね、ごはんも食べられないんだぁ。愛さんもこんな気持ちだったのかな〉〈アタシは、嘘つきなんだ。アタシに生きてる価値なんて、あると思う? 最低だよ〉といった、天国にいる彼女に語りかけたり、悩みを打ち明けたりといったコメントが大量に書き込まれるようになった。15年10月7日現在、そのコメントの数はなんと71600を超える。そのように心疲れた人々の集まる拠り所となっていったことを受け、飯島愛の両親が『ポルノ・ホスピタル』の運営を引き継いできたが、高齢となり管理業務が負担となったことを理由に今回閉鎖へといたったそうだ。

 そんな飯島愛だが、警察の公式発表では「肺炎」が死因とされているものの、違法薬物が原因との説、歯の痛み止めとして処方されていた薬が突然死を招いたという説など、真相はいまだ闇に包まれている。飯島愛といえば、タレント活動前にAV女優として大変な人気を博していたことは周知の通りだが、AV女優には飯島愛のように謎の死・非業な死を遂げた人が大変に多い。これを機会に振り返り、改めて喪に服したい。

 まず有名な例では、林由美香があげられる。AV女優として400本、ピンク映画では200本以上に出演。また、平野勝之・カンパニー松尾といったスターAV監督とも公私にわたって深い関係をもっていたことでも知られ、AV業界の「ミューズ」のような存在だった。訃報が報じられたときは『報道ステーション』(テレビ朝日系)でも追悼特集が組まれるなど、カルト的な人気を誇ったAV女優である。

この記事に関する本・雑誌

プラトニック・セックス〈1〉 (大活字文庫)

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
2 是枝監督「映画が日本に利用されてる」
3 読売・清水アナが維新から市長選出馬?
4 片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
5 DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
6 アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
7 空中分解KAT-TUNの暴露本が出版
8 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
9 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
10 忘れるな、福島原発事故の主犯は安倍だ
11 吹石一恵の音痴エピソード
12 キムタク最大のタブーとは?
13 川島なお美が近藤誠の診断を告発
14 公安庁が沖縄めぐりネトウヨ並み報告書
15 北原みのり逮捕の原因は安倍批判?
16 佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
17 嵐の元側近が明かすジャニーズの掟
18 トランプ以前から米は日本を守る気ない
19 翼がSMAP解散でメリーと滝沢を批判
20 保護なめんなジャンパーは氷山の一角
PR
PR
1室井佑月が金子勝と安倍政権批判(後)
2黒柳徹子が琉球新報に平和メッセージ
3室井佑月が金子勝と安倍政権批判(前)
4トランプのマスコミ排除は日本でも
6アパホテルのトンデモ極右思想の正体
7デマ垂れ流し『ニュース女子』とDHC
8原発ムラが新潟県知事にネガキャン!
9安倍政権が“国策映画”計画へ
10今井絵理子と三原じゅん子の資産公開が
11SUGIZOが難民問題で勇気ある発言
12DHC会長が在日ヘイト発言を連発!
13メリルストリープの指摘は日本のことだ
14慰安婦少女像は反日の象徴ではなかった
15『日本会議の研究』出版禁止の不当性!
16アパホテルの反論は嘘と詐術だらけだ!
17政権が原発被害隠しにDASH村利用
18佐藤優が慰安婦問題への対応を批判!
19片山さつきトランプ就任式で大はしゃぎ
20安倍の慰安婦少女像への強行姿勢の裏
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」