>  >  > 赤塚不二夫“本番”男優の過去

生誕80周年の赤塚不二夫にまた伝説、アラーキー撮影で“本番”男優を! 現場で「タモリより大きい」と自慢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
akatuka_150925_top.jpg
『破壊するのだ!! 赤塚不二夫の「バカ」に学ぶ』(ele-king books)

 今年、2015年は『天才バカボン』『おそ松くん』『もーれつア太郎』『レッツラゴン』『ひみつのアッコちゃん』など、数々のヒット作を生み、現在でも「ギャグ漫画の王様」と讃えられる赤塚不二夫の生誕80周年にあたる。

 ご存知の通り残念ながら赤塚不二夫は2008年に逝去してしまっているが、そのメモリアルイヤーを祝い今年は数々の記念企画が用意されている。『秘密結社 鷹の爪』で脱力系コメディの新たな道を開いたFROGMAN監督による、『天才バカボン』と『フランダースの犬』の異色過ぎるコラボ映画『天才バカヴォン 蘇るフランダースの犬』が5月に公開。また、10月からはテレビ東京系でアニメ『おそ松さん』の放送も予定されている。

 また、関連書籍もいくつか出版され、赤塚不二夫の漫画家としての天才ぶりはもちろん、ハチャメチャな私生活や酒場でのバカ伝説も、改めて、クローズアップされている。

 たとえば、『破壊するのだ!! 赤塚不二夫の「バカ」に学ぶ』(ele-king books)では、70年代に日本におけるフリージャズの第一人者として活躍したミュージシャンの坂田明がこんなエピソードを語っている。

「「ひとみ」(赤塚不二夫が毎晩飲み明かしていた伝説のお店「ひとみ寿司」のこと)の二階かどこかで宴会をやっていたとき、クマ(篠原勝之)さんに取材しに来た編集者がいたのね。その記者が緊縛の話をしてきてね、そうしたら、赤塚先生が「これからみんなで裸になろう」「お前はあっちで脱げ」って言ってね。で、ひとりで素っ裸になった編集者を「よし、こいつを縛ろう」ということになって「ひとみ」のおばさんに「おばさん、ロープない?」って。「いや、ロープはないんだけどガス管があるよ」って(笑)。ガスのゴム・ロープね。「これでいいや」ってその編集者を縛っちゃった(笑)。仕事に来た編集者だよ。ぐるぐる巻きにして、それで転がしてね。赤塚先生は外の窓向かって、「おねぇちゃん、いまからオシッコするから見て!」とか言っちゃって、「やめなよ先生、そんなこと」って(笑)。それから、ねぇちゃんが通ってるところに上から小便しちゃってね」

また、娘の赤塚りえ子も同書で父親のとんでもないバカエピソードを紹介している。

「父の担当編集だった五十嵐(隆夫)さんから聞いたんだけど、パパと一緒にバーかなんかで餃子を頼んで食べてたら、「イガラシ、チンポコ出せ」って言われたんだって。そしたらパパのはもう出てて、それで何をやったのかっていうと、ラー油を塗って我慢するっていう(笑)。でもそこは、ちゃんと自分を笑われるように自分もやるんだよ」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

破壊するのだ! ! ──赤塚不二夫の「バカ」に 学ぶ (ele-king books)

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ
新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍応援団が“森友学園”疑惑封じ!
2 森友学園と「維新」の癒着の証拠が!
3 宮崎駿監督の新作は、言論弾圧も覚悟
4 森友学園問題で安倍の答弁がヒドい!
5 櫻井翔と『報ステ』小川アナが熱愛!
6 嵐メンバーの意外な恋愛事情
7 安倍と関係・森友学園が改憲の署名集め
8 森友学園が秋元康の愛国ソング強制!
9 安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
12 村上春樹が新作に込めたメッセージ
13 「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
14 鈴木清順の弟が明かす戦争体験の影響
15 どこも報じない櫻井翔一家の野望
16 国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
17 維新から出馬報道、シミケンは嘘つき?
18 宇多田「東京は子育てしにくい」は事実
19 嵐の暴露本第二弾に、櫻井、松潤
20 X JAPAN、TAIJIの死の謎
PR
PR
1森友学園問題で安倍の答弁がヒドい!
2「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
3安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
4保育所で国旗と国歌強制する安倍のバカ
5国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
6共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
7厚切りジェイソンが日本のお笑い批判!
8安倍トランプ会談を絶賛ワイドショー
9国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
10安倍はトランプにFTAを要求されてた
11森友学園が秋元康の愛国ソング強制!
12森友学園と「維新」の癒着の証拠が!
13南スーダン日報の隠蔽に稲田も加担
14安倍と関係・森友学園が改憲の署名集め
15米山新潟知事が語った共謀罪と原発
16厚切りジェイソンが“日本スゴい”批判
17石原慎太郎を増長させたメディアの責任
18アパ代表「ユダヤ陰謀論」
19金正男暗殺映像にテレビ局が数百万円
20清水富美加に“洗脳”報道なしの理由
PR
PR

人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」