「あまちゃん」の作曲家もパンクのカリスマも…安保法制と安倍政権にNOを突きつけるミュージシャンたちの深い思い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yokoyamaken_01_150916.jpg
「Ken Yokoyama (横山健) OFFICIAL SITE」より


 今週末の強行採決がほぼ決定的となった安保法制だが、反対の声は途切れることなく、むしろ大きくなっていくばかり。そんななか、ミュージシャンたちからの“戦争法案反対”の意見表明もあとを絶たない。

 そのひとりが、90年代半ばから2000年代にかけて熱狂的なファンを生み出したハードコア・パンクバンドのHi-STANDARDの横山健。現在はKen Yokoyama名義でソロ活動をしている彼だが、今月10日に発売された「Rolling Stone日本版」(セブン&アイ出版)15年10月号のインタビューに登場。そのインタビュータイトルは、ずばり「安倍さんが言う“美しい日本”と僕らの思う“美しい日本”は違う」。

 まず横山は、戦争反対を掲げる理由について、子をもつ親の立場からこう語っている。

「僕は親になって10年経つんだけども、親としての部分が言わせるんですよ。だって、経済のこととか、外交のことだけ考えていたら、安保法制も必要かもしれない。日本がアメリカの庇護のもとを外れて、ちゃんとした国家として独立することを考えたら、持つべきカードは核だったりすると思うんです。だけど、親である自分がそうさせない。ちょっと待て、と。方策はほかにあるんじゃないかと。まず、日本は70年間、戦争しないということを貫いてきた。よそから何言われようと、アメリカから“Show the flag”と言われても、政治家は“俺たちも戦争できるようにするっしょ”と思ってたかもしれないけれども、市民は“戦争しない”ことを守ってきたつもり。その信念は、どこにどう言われようと、俺は貫くべきだと思うんです」

 誰だって自分の子どもが戦争で死ぬことも、人殺しにすることも耐えられない。先の戦争で大事な家族や友人を亡くした経験をもう2度と繰り返さぬよう、日本は70年間必死に平和を守り続けてきた。そんな状況がいま壊されようとしている……。横山は、続けてこう語る。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

職業、DJ、25年 沖野修也自伝

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「あまちゃん」の作曲家もパンクのカリスマも…安保法制と安倍政権にNOを突きつけるミュージシャンたちの深い思いのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
12 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画