和田アキ子が又吉『火花』を「純文学感じられない」と酷評! 又吉『火花』は純文学か? 論争の歴史をふりかえる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
wadaakiko_150809.jpg
TBS『アッコにおまかせ!』公式ホームページより


 発行部数が200万部を超え、歴代芥川賞作品でトップの売り上げ記録(文庫部数は除く)を塗りかえた又吉直樹の『火花』(文藝春秋)。読者の評価はさまざまだが、先日、芸能界の大御所である和田アキ子が『火花』に物申して話題を呼んだ。

 和田が『火花』に言及したのは、先月19日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)でのこと。和田は『火花』を読んだ感想を、「みなさん、よくおっしゃるのが『純文学の匂いがする』とか『文章に純文学を感じた』というが、何も感じなかった」と述べたのだ。

 この和田の発言に、ほかの出演者たちは苦笑い。勝俣州和が「これ(火花)を読む前にいろいろな小説を読んだ方がいいんじゃないですか。太宰とか」と言うと、「太宰治からいろいろな小説は読んでいますよ。本好きなほうだけど……」と和田は反論。しかし、「あんまり文学がわからないのかもしれない」とも語った。

 和田アキ子の「純文学を感じる」基準が何なのかは不明だが、「純文学」が何なのか、正直よくわからないという読者は少なくないだろう。実際、当の文壇でさえ、「純文学」をめぐってはこれまでたびたび論争が繰り広げられてきたくらいだ。

 たとえば最近では、芥川賞作家の綿矢りさと直木賞作家の西加奈子は『文藝春秋』(文藝春秋)6月号に掲載された対談で、中村文則、羽田圭介、青山七恵、山崎ナオコーラ、森見登美彦、万城目学らという芥川賞と直木賞受賞者、ノミネート常連組が入り交じった作家たちの交流を明かし、「結局、芥川賞とか直木賞とか関係なく、仲良くしてるよね」(綿矢)「小説のジャンルや賞はあまり関係無いな」(西)と語っている。

 また、この場で西は、「純文学とエンタメの違いについて聞かれることも多いけど、なかなか説明が難しい」と話し、純文系の雑誌で小説を書いた際に感じたことを、こう述べている。

「エンタメ雑誌では、急に主人公が行動を起こした時に、「これは何故ですか?」って(編集者から)説明を求められることが多かったのに対して、純文系の雑誌では、「その説明は要らない」って言われた」
「純文学って「キャラクター」に頼らないよね」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

お好みの本、入荷しました (桜庭一樹読書日記) (創元ライブラリ)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

和田アキ子が又吉『火花』を「純文学感じられない」と酷評! 又吉『火花』は純文学か? 論争の歴史をふりかえるのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。文学芥川賞酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 葵つかさが「松潤とは終わった」と
14 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
15 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
16 麻生太郎が愛人の店に2360万円
17 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
18 杉田水脈議員が「保育所はコミンテルンの陰謀」
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画