>  >  > 豪華マンガ家が集結の戦争特集がすごい

あのマンガ家たちがマンガで伝える反戦メッセージ…水木しげる、山上たつひこ、松本零士から浅野いにおまで集結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bigcomicorignal_01_150808.jpg
「ビッグコミックオリジナル 戦後70周年増刊号」(小学館)

 安部晋三首相による「戦後70年談話」発表を前にして、マンガ界から明快な“戦争NO!”の声があげられた。「ビッグコミックオリジナル 戦後70周年増刊号」(小学館)である。

 掲載されているのは、描きおろしと再掲をあわせた16作品。どれも「戦争」を題材にした粒ぞろいの名作ばかりで、第一級のマンガアンソロジーとなっている。

 執筆陣は水木しげる、松本零士、花輪和一、滝田ゆう、山上たつひこ、そして絵本作家の大家・井上洋介とそうそうたる面子。さらに、これら大御所の名前に、浅野いにお、さそうあきら、三島衛里子といった現代マンガシーンを牽引する注目作家が並置されているというのも、なかなかお目にかかれない光景だ。

 本企画の目玉はなんといっても、水木しげるの描きおろし「人間玉」だろう。

 本作は、水木自身の戦争体験を題材としたもの。舞台はラバウル島に向かう輸送船、水木二等兵をふくむ兵隊たちは「ドレイ船以下」の状態で船底に押し込まれている。ここで敵襲の号令が鳴る。甲板へ出るには、一本の縄ばしごで上がるしかない。死に物狂いで縄につかまろうとする幾百人もの若い兵。人間に人間がしがみつき、結局身動きがとれなくなって、まるで巨大な玉となってしまう。その中ほどにいる水木は応戦の前に危うく窒息死しそうになるが……。

 本作について水木は、次のようなコメントを寄せている。

〈この船に乗っている時は「死」とか「無」に向かっていくような気持ちだった。だから、誰も先のことは考えないようにしていたネ。まもなくこの演習のような、そういう「死」を迎える状態がくるんだな、と思っていた。「ストップ人間玉!」だ。〉

 しかし一方で、解説の中条省平氏も言うとおり、極限状況を描きながらもどこかユーモラスな点を残していて、その感覚がマンガとしての風格をより醸し出している。まさに天才・水木しげるの衰えない才能を感じさせる一作だ。

この記事に関する本・雑誌

戦後70周年増刊号 2015年8月号

  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 さんま・中居SMAPトークのヤバい部分
2 雨宮塔子が子供捨てたバッシングに反論
3 改憲勢力2/3に直木賞作家が危機感!
4 SMAPを殺したのはキムタク
5 コミケ応援の小池百合子はマンガ規制派
6 中居がキムタクに「納得がいかない」
7 安倍応援団「東京五輪で人権制限を」
8 ジャニー「SMAP解散ない」信用できず
9 小池百合子は“女性の味方”じゃない!
10 安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
11 小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
12 大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
13 テレ東が番組で統一教会信者隠しと捏造
14 瀬戸内寂聴がさらに激烈安倍批判
15 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
16 鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
17 X JAPAN、TAIJIの死の謎
18 SHELLYがネトウヨに堂々反撃
19 小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
20 浅田舞が真央との不仲は母のせいと告白
PR
PR
1天皇の「生前退位」は安倍改憲への抵抗
2石田純一が「一切の政治発言禁止」処分
3生前の永六輔が自民改憲草案を痛烈批判
4それでも石田純一の勇気を讃えよ!
5米空軍機が沖縄で照明弾発射の暴挙も
6安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
7鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
8日本会議会長が「軍隊つくる」、安倍も
9小池百合子は“女性の味方”じゃない!
10安倍の御用TVが早速「改憲は必要」
11 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
12小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
13「与党2/3で改憲」発言の教師が謝罪
14小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
15自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
16大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
17選挙特番がボツにした日本会議のテープ
18安倍応援団「東京五輪で人権制限を」
19小倉智昭が師匠・大橋巨泉に裏切り行為
20水原希子に日本のネトウヨがヘイト攻撃
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」