>  >  > 豪華マンガ家が集結の戦争特集がすごい

あのマンガ家たちがマンガで伝える反戦メッセージ…水木しげる、山上たつひこ、松本零士から浅野いにおまで集結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bigcomicorignal_01_150808.jpg
「ビッグコミックオリジナル 戦後70周年増刊号」(小学館)

 安部晋三首相による「戦後70年談話」発表を前にして、マンガ界から明快な“戦争NO!”の声があげられた。「ビッグコミックオリジナル 戦後70周年増刊号」(小学館)である。

 掲載されているのは、描きおろしと再掲をあわせた16作品。どれも「戦争」を題材にした粒ぞろいの名作ばかりで、第一級のマンガアンソロジーとなっている。

 執筆陣は水木しげる、松本零士、花輪和一、滝田ゆう、山上たつひこ、そして絵本作家の大家・井上洋介とそうそうたる面子。さらに、これら大御所の名前に、浅野いにお、さそうあきら、三島衛里子といった現代マンガシーンを牽引する注目作家が並置されているというのも、なかなかお目にかかれない光景だ。

 本企画の目玉はなんといっても、水木しげるの描きおろし「人間玉」だろう。

 本作は、水木自身の戦争体験を題材としたもの。舞台はラバウル島に向かう輸送船、水木二等兵をふくむ兵隊たちは「ドレイ船以下」の状態で船底に押し込まれている。ここで敵襲の号令が鳴る。甲板へ出るには、一本の縄ばしごで上がるしかない。死に物狂いで縄につかまろうとする幾百人もの若い兵。人間に人間がしがみつき、結局身動きがとれなくなって、まるで巨大な玉となってしまう。その中ほどにいる水木は応戦の前に危うく窒息死しそうになるが……。

 本作について水木は、次のようなコメントを寄せている。

〈この船に乗っている時は「死」とか「無」に向かっていくような気持ちだった。だから、誰も先のことは考えないようにしていたネ。まもなくこの演習のような、そういう「死」を迎える状態がくるんだな、と思っていた。「ストップ人間玉!」だ。〉

 しかし一方で、解説の中条省平氏も言うとおり、極限状況を描きながらもどこかユーモラスな点を残していて、その感覚がマンガとしての風格をより醸し出している。まさに天才・水木しげるの衰えない才能を感じさせる一作だ。

この記事に関する本・雑誌

戦後70周年増刊号 2015年8月号

  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 文春に疑惑報じられた青山繁晴の珍発言
2 ファンキーがW不倫後初の雑誌対談で…
3 広末涼子が育児放棄バッシングに大反論
4 NEWS加藤がSEALDsに賛同!
5 X JAPAN、TAIJIの死の謎
6 『朝生』を自民公明議員がドタキャン
7 自民党のオバマ利用“違法CM”の顛末
8 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
9 稲田朋美がテレビの改憲論議で大嘘連発
10 大手メディア参院選情勢調査の結果は
11 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
12 痴漢行為Hey!Say!中島のドラマが
13 山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
14 安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
15 森山農水相らの賄賂疑惑にテレビが沈黙
16 自民党憲法調査会に巣食う世襲議員たち
17 戦争に翻弄された悲劇のプロ野球選手たち
18 フジロックに政治を持ち込むなというバカ
19 乙武別居で障碍者への偏見報道が
20 安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
PR
PR
1宇野常寛が舛添イジメ批判
2フジロックに政治を持ち込むなというバカ
3安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
4参院選前に女性誌も自民党の改憲に警告
5稲田朋美がテレビの改憲論議で大嘘連発
6報ステ党首討論で安倍が逆ギレ、詭弁
7山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
8安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
9安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
10「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
11大手メディア参院選情勢調査の結果は
12NHKディレクターが語る原発報道圧力
13党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会
14広末涼子が育児放棄バッシングに大反論
15五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
16安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
17百田尚樹は田母神を応援した責任をとれ
18安倍のPR動画パロディを自民党が削除
19森山農水相らの賄賂疑惑にテレビが沈黙
20日本会議の抱える“後ろめたさ”とは?
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」