「女が嫌いな女」アンケートにだまされるな!“女の敵は女”は本当なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
bunshun_01_150611.jpg
「週刊文春」(文藝春秋)2015年6月11日号

 また今年も「週刊文春」(文藝春秋)の名物企画「女が嫌いな女」読者アンケートの結果が6月11日号で発表された。

 通算10回目、2年振りとなるこの企画だが、今年のランキングは1位に和田アキ子、2位に泉ピン子と“常連組”がワンツーフィニッシュ。3位には安藤美姫がはじめてランクインしているが、10位以内では上西小百合議員(7位)、矢口真里(8位)、江角マキコ(9位)、小林麻耶(10位)がニューカマー。20位までならば、小保方晴子(14位)、石原さとみ(16位)、上戸彩(18位)、檀れい(20位)が初のランクインとなっている。

 もちろん、誌面ではなぜ嫌いなのかもアンケートから抜粋。安藤美姫には「騒がれるたびにナンダカンダ理屈を並べたてるけど、ただの自己チュー。アスリート版の松田聖子」、上西議員には「女を最大限利用している感じが嫌い。賢いのではなくズル賢い」などと厳しい声が寄せられている。

 また、石原さとみは「なんか、男に媚びてる感じがする。すべてにおいて。アイドルぶってるけど、本当に悪賢そうな感じがして生理的に嫌い」、上戸彩に対しては「『私って可愛らしいでしょ』という上目使いがあざとくて大嫌い」と、こちらは“ぶりっ子”“男性への媚び”が鼻につくのだという。

 男に媚びを売る女、人を押しのけてのし上がろうとする女、完璧を振る舞う女、あるいは自分では何もできない女……。女はさまざまなタイプの女を嫌い、相手と自分をくらべて嫉んだり、ひがんだりする。女に渦巻く黒い感情、冷酷な視線──それを可視化したもののひとつが、このアンケート企画なのだろう。そして、この企画を読んだ人は深い疲れを感じながら「女は悪口を言い出すと止まらないな」「女の敵は男じゃなく女なんだ」などと思うはずだ。

 こうしてこの企画は〈なぜか女性からは蛇蝎の如く嫌われるオンナがいる〉と自明化しようとするが、しかし、ここで立ち止まって考える必要がある。女が女を嫌うだけでなく、この企画は女を女嫌いに導こうとする大きなワナではないのか、と。

 そもそも、「女が女を嫌う」という行為は、別に女の生まれ持った特質でもなければ、生物学上の特徴でもない。では、なぜ女が女を目の敵にして叩くのかといえば、女は男によって「選ばれる性」だからだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

女子の人間関係 整理整頓

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「女が嫌いな女」アンケートにだまされるな!“女の敵は女”は本当なのか?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。中年田岡 尼週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも