中年男性200人を10年間にわたって定点観測してみたら…浮かび上がる男たちの怯え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
danseihyoryu_150531.jpg
『男性漂流 男たちは何におびえているか』(講談社α新書)

 安倍政権の提唱する「女性が輝く社会」なるものが実は女性をまったく救えていない、むしろどんどん女性の苦境を加速させていることは、本サイトでも何度も指摘してきたことだが、しかし、この社会に追いつめられているのは、なにも女性だけとは限らない。

 そのことがよくわかるのが、『男性漂流 男たちは何におびえているか』(奥田祥子/講談社α新書)だ。新聞記者としてキャリアをスタートさせた著者は、中年男性を取材ターゲットに選び、一人ひとりに数年から十年の長期間にわたってその心情、本音に耳を傾けてきた。

 その対象は実に200人に及ぶが、この「定点観測」で浮かび上がってきたのが、結婚、育児、介護、老い、仕事……人生のさまざまな節目の場面でおびえまくる男たちの姿だ。

 まずは「結婚」。「婚活」がブームとなって久しいが、結果として積極的に活動したのは女性が主だった。男性はむしろ「婚活難民」「婚活疲労」とネガティヴに語られ、〈男性の疲弊はブームが到来した直後から表れていた〉と著者は分析する。これまで女性に求められる条件の上位だった外見や年齢が、男性にも求められるようになり、この条件闘争は婚活が活発化すればするほど激化していった。

 特に女性においては「結婚=幸福な恋愛の結実」ではなく、自身の安定的、享楽的、他力依存的な生活を実現するための手段として、それを可能たらしめる「条件」を突きつける傾向がより強くなった。これも散々もてはやされた雇用機会均等法の「まやかし」を誰もが知るところとなり、専業主婦願望が高まった結果かもしれない。そんな風潮のなか、男性は婚活により精神的なダメージを受け、相手探しの意欲さえ失ってしまう危険性もはらんでいるという。

「白馬の王子様」ならぬ「白雪姫」を待ちわびる40代前半の商社マンは、ホリの深い顔立ちで外見もファッションセンスも良く、年収1千万円を超える「優良物件」。しかし白雪姫は一向に現れない。数年後、インターネットの結婚情報サービスに入会。何人かと会ってみたもののお眼鏡に叶った相手はいなかった。あからさまに「余裕のある暮らしがしたい」「専業主婦になりたい」という女性会員の態度に幻滅させられる。

 次第に「なぜ俺だけうまくいかないんだ」と焦り始める。世間では「婚活難民」なるワードが面白半分に取りざたされる。しまいには見合いを断られた女性に何度も申し込んだり、申し込まれて断った相手に自分から申し込むなどの規約違反を繰り返し、退会に追い込まれ、婚活自体を辞める。

 本人が振り返るには、結婚したい動機が不純で、所帯をもっていないことが周囲から変な目で見られることに男としてのプライドが保てなかった、結婚情報サービスでも相手の外見しか見られずに粗探しばかりしていた、相手を幸せにしたいから結婚する、と思えていなかった、という。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

男性漂流 男たちは何におびえているか (講談社+α新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

中年男性200人を10年間にわたって定点観測してみたら…浮かび上がる男たちの怯えのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。モテ中年相模弘希の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 TOKIO山口わいせつでジャニーズが姑息
2 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
3 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
4 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
5 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
6 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
7 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
8 ジャニーズ10大事件簿 10位〜6位
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
11 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
12 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
13 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
17 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
18 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
19 吉田羊と熱愛の中島裕翔が痴漢騒動
20 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画