「女子アナは売女!」小島慶子の女子アナ小説が生々しすぎる! 男性Pは女衒と暴露も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kojimakeiko_150526.jpg
オスカープロモーション公式サイトより


 フリーに転身したものの番組が大コケした田中みな実に、不仲説が飛び交うフジテレビのエース・加藤綾子と生野陽子。……日々、週刊誌やネットニュースを賑わせる「女子アナ」という存在。ある意味、女優やアイドル以上の“狭き門”を突破した彼女たちはつねに世間(というか、ゴシップ界)から注目を集めるが、その内部を描いた小説『わたしの神様』(幻冬舎)が発売され、いま、大きな話題を呼んでいる。

 というのも、著者は元TBSアナウンサーでタレント、エッセイストの小島慶子。元・女子アナが描いたということはかなり現実味のある話だと思われるが、その中身は想像のはるか上をゆく“ドロドロ”ぶりなのだ。

 まず、本作はこんな文章からはじまる。

〈私には、ブスの気持ちがわからない〉

〈男と張り合うよりも、可愛がられた方が得だ。それが望めない女だけだ、男と対等に働きたいなんて負け惜しみを言うのは〉
〈平凡な容姿に生まれた人は、どうして私たちを容姿がいいというだけで、高慢ちきな嫌な女だと決めつけるのだろう〉

 この語り部は、本作の主要人物のひとりである、仁和まなみ。圧倒的なビジュアルを誇り、“テレビも雑誌も男がつくっている”“男を味方につければあとは女に嫌われないようにすればいい”という持論のもと、〈つまらないごく普通の女〉を演じることで人気ナンバーワンまで登り詰めた女子アナだ。

 一方、そんなまなみの先輩女子アナ・佐野アリサは、地味な仕事をこなしてきた堅実派。しかし、同期のゴシップを週刊誌でチェックしてはほくそ笑み、〈ほら見ろ〉〈勘違い女の末路は哀れだ〉と毒づく。産休を機に夕方のニュース枠を後輩のまなみに奪われるが、〈寄る辺ない独身女と、基盤のある選ばれた女。私はまっとうな女だ〉とほかの女たちを見下している。

 ……この人物紹介だけでも、女のあざとさ、計算高さがこれでもかと詰め込まれており少々うんざりしてしまうが、ここにアナウンサー試験を最終面接で落とされ記者採用された立浪望美や、性同一性障害を抱え、女子アナを辞めて失踪してしまう滝野ルイなどが絡んでくるから、もう大変! 週刊誌を巻きこんだスキャンダル合戦に、視聴率による評価の上がり下がり、スタイリストが付いた女子アナへのやっかみ、人気小説家から大手広告代理店社員へ男を乗り換える際の見極めなどなど、ドラマ『ファースト・クラス』(フジテレビ系)を凌駕する、強烈なマウンティング地獄が繰り広げられるのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

わたしの神様

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 上西小百合議員が鋭すぎる共謀罪批判!
2 財務省の森友問題関係文書はやはり存在
3 マツコもキムタクタブーに踏み込めず!
4 今村の後任、吉野は原子力村の代弁者
5 籠池「昭恵夫人に適時報告していた」
6 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
7 小林よしのりが国会で共謀罪に反対
8 たけしがキムタクとジャニーズを批判!
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恩田陸が新作小説でナショナリズム批判
11 ノブコブ徳井が復讐目的で小説を発表!
12 今村更迭は、安倍首相に謝罪させたから
13 ブルマーが強制された意外な理由とは
14 浅田真央引退会見のNGワード
15 元タカラジェンヌが告白した性的虐待
16 オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
17 籠池氏と財務省の面談音源が明らかに
18 安倍政権の独裁国家並み情報隠蔽やり口
19 講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
20 玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
PR
PR
1玉川徹に自民議員が共謀罪の正体を
2オザケン父と息子の鋭すぎる権力批判
3「週刊女性」が「共謀罪」を大特集
4室井「安倍を倒せ」に山本太郎の答えは
5ペギー葉山が遺した安倍政権批判の言葉
6キノコや筍を採るだけで共謀罪
7上西小百合議員が鋭すぎる共謀罪批判!
8講演で稼ぐネトウヨ文化人のビジネス
9籠池氏と財務省の面談音源が明らかに
10森友国有地取引で財務省主導の証拠が
11今村更迭は、安倍首相に謝罪させたから
12安倍政権の独裁国家並み情報隠蔽やり口
13グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
14安倍政権が関東大震災・朝鮮人虐殺を
15稲田が自衛隊と米空母の訓練を秘密に
16財務省の森友問題関係文書はやはり存在
17北朝鮮危機の最中に安倍はフィットネス
18辞任!今村復興相の差別的本質は最初から
19中川俊直不倫醜聞は自民党の体質に原因
20今村復興相がまた記者の質問を打ち切り
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」