「女子アナは売女!」小島慶子の女子アナ小説が生々しすぎる! 男性Pは女衒と暴露も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kojimakeiko_150526.jpg
オスカープロモーション公式サイトより


 フリーに転身したものの番組が大コケした田中みな実に、不仲説が飛び交うフジテレビのエース・加藤綾子と生野陽子。……日々、週刊誌やネットニュースを賑わせる「女子アナ」という存在。ある意味、女優やアイドル以上の“狭き門”を突破した彼女たちはつねに世間(というか、ゴシップ界)から注目を集めるが、その内部を描いた小説『わたしの神様』(幻冬舎)が発売され、いま、大きな話題を呼んでいる。

 というのも、著者は元TBSアナウンサーでタレント、エッセイストの小島慶子。元・女子アナが描いたということはかなり現実味のある話だと思われるが、その中身は想像のはるか上をゆく“ドロドロ”ぶりなのだ。

 まず、本作はこんな文章からはじまる。

〈私には、ブスの気持ちがわからない〉

〈男と張り合うよりも、可愛がられた方が得だ。それが望めない女だけだ、男と対等に働きたいなんて負け惜しみを言うのは〉
〈平凡な容姿に生まれた人は、どうして私たちを容姿がいいというだけで、高慢ちきな嫌な女だと決めつけるのだろう〉

 この語り部は、本作の主要人物のひとりである、仁和まなみ。圧倒的なビジュアルを誇り、“テレビも雑誌も男がつくっている”“男を味方につければあとは女に嫌われないようにすればいい”という持論のもと、〈つまらないごく普通の女〉を演じることで人気ナンバーワンまで登り詰めた女子アナだ。

 一方、そんなまなみの先輩女子アナ・佐野アリサは、地味な仕事をこなしてきた堅実派。しかし、同期のゴシップを週刊誌でチェックしてはほくそ笑み、〈ほら見ろ〉〈勘違い女の末路は哀れだ〉と毒づく。産休を機に夕方のニュース枠を後輩のまなみに奪われるが、〈寄る辺ない独身女と、基盤のある選ばれた女。私はまっとうな女だ〉とほかの女たちを見下している。

 ……この人物紹介だけでも、女のあざとさ、計算高さがこれでもかと詰め込まれており少々うんざりしてしまうが、ここにアナウンサー試験を最終面接で落とされ記者採用された立浪望美や、性同一性障害を抱え、女子アナを辞めて失踪してしまう滝野ルイなどが絡んでくるから、もう大変! 週刊誌を巻きこんだスキャンダル合戦に、視聴率による評価の上がり下がり、スタイリストが付いた女子アナへのやっかみ、人気小説家から大手広告代理店社員へ男を乗り換える際の見極めなどなど、ドラマ『ファースト・クラス』(フジテレビ系)を凌駕する、強烈なマウンティング地獄が繰り広げられるのである。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

わたしの神様

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

「女子アナは売女!」小島慶子の女子アナ小説が生々しすぎる! 男性Pは女衒と暴露ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アナウンサー田岡 尼の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画