ももクロから女優に転身してブレイク! 早見あかりが語った「ももクロ脱退」の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hayamiakari_01_150508.jpg
早見あかり写真集『Twenteen』(SDP)

 女性アイドルブームとはいえ、卒業したメンバーがそのままブレイクできるとは限らないのが芸能界。特に女優に転身ともなれば、なかなかハードルが高いものだ。

 元AKB48の絶対的センターであった前田敦子も映画『イニシエーション・ラブ』(5月23日公開)でヒロインを演じているものの、なかなかヒット作には恵まれず、代表作が産まれない状態が続いている。そんな前田敦子のライバルだった大島優子も、初主演ドラマ『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』(TBS系)が放送されているが、初回視聴率は9.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と低調で、その後も6%台の低空飛行を続けており、一部では打ち切りの噂まで聞こえてくる始末だ。

“国民的アイドルグループ”と呼ばれているはずのAKB48の歴代センターが女優として苦戦しているなか、着実にキャリアを積んでいるのが元「ももいろクローバー」の早見あかりだ。

 2011年に「ももいろクローバー」を脱退した早見は、その後のももクロの活躍に呼応するように、女優として徐々に露出を増やし、14年にはNHKの連続テレビ小説『マッサン』で、主人公マッサンの妹役を好演。さらに、『百瀬、こっちを向いて。』(14年5月公開)、『忘れないと誓ったぼくがいた』(15年3月公開)という2作の映画で主演し、今年3月からはキリン「午後の紅茶」のCMキャラクターに選ばれるなど、確実に女優としてブレイクしているのだ。

 そんな早見が「ももいろクローバー」を脱退した11年4月は、ももクロブレイク前夜。早見の脱退と同時にグループは「ももいろクローバーZ」に改名し、その後ようやく大ブレイクを果たすこととなるわけだが、いわば早見は「これから」という時にグループを脱退しているのだ。

 そもそも早見はどういう理由でももクロ脱退という道を選んだのだろうか。早見あかり初の写真集『Twenteen』(SDP/撮影・木寺紀雄)では、自身の言葉で当時の心境を振り返っている。

「ももクロに入ってから常々感じていた違和感があった。楽しいけれど、自分には可愛く歌って踊るアイドルが向いていないと思う矛盾。偽りの笑顔。5人のひたむきな姿。あのまま、ももクロのあかりんを演じることも出来たのかもしれない。けれど5人の本気で夢に向かう姿を見ていたら、ファンの方の本気で応援してくれている姿を見ていたら、自分だけ嘘をついてこのまま一緒に頑張っていくことは失礼なことだと思うようになった」(同書より)

 明るく元気に踊って歌うのがももクロの真骨頂だが、早見にとってはそれは自然な姿ではなかったというのだ。早見は、自分に嘘をつき、ももクロを演じなければいけないことに息苦しさを感じていたのかもしれない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

Twenteen 早見あかり写真集

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ももクロから女優に転身してブレイク! 早見あかりが語った「ももクロ脱退」の理由のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ももいろクローバーZ学校田中ヒロナの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
8 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
10 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
14 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評