次男がボクサーデビュー! 辰吉丈一郎は家事や子育てに積極的な“フェミ夫”だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tatsuyoshi_150506.jpg
強面な外見とは裏腹に、フェミ夫ぶりを発揮する辰吉丈一郎(画像は『丈 辰吉丈一郎の軌跡』(梁川剛/ネコ・パブリッシング)より)

 伝説のボクサー・辰吉丈一郎の次男・寿以輝(18歳)が鮮烈のデビューを飾った。4月16日に大阪府立体育館で行われたデビュー戦では2R2分45秒で見事KO勝ちを収めたのだ。寿以輝の姿に、父・丈一郎の最強時代を投影し、興奮した人も多かったのではないか。

 なにしろ父・辰吉丈一郎は凄いボクサー“だった”。17歳だった1987年に全日本社会人選手権バンタム級で優勝し、以降アマチュア通算成績19戦18勝を収め89年のプロデビュー。同年9月11日にはKO勝ちで日本バンタム級王座を獲得、91年には国内最短記録でWBC世界バンタム級王者と駆け上がったのだ。

 貧困な父子家庭で育った悪ガキから一躍スターに駆け上がった丈一郎のファイティングスタイル、そして生き様もまた人々を魅了した。両腕をダラリと垂らすノーガード戦法、ビッグマウスで相手を挑発しながらも負けた相手にエールを送る律儀さ。網膜剥離を患うなど何度も引退を勧告されながら、それを拒否しあくまで現役にこだわり続けた。世界王座から陥落しても、その雪辱をバネに再び王座への挑戦を続けた。

「無責任に文句いうヤツには『なら、自分らやってみぃ』と言いたい」
「次に生まれ変わったらこうしたいとか言う人おるけど、次はないよ」

 独特の言い回しで、時には説教臭い語録も、また人々の記憶に残った。なんとも憎めないヤンチャ坊主、それが丈一郎だった。

 そして、丈一郎は44歳になった現在でも“現役”だ。2009年バンコクでタイ国内ランキング1位のサーカイ・ジョッキージムにTKO負けを喫して以降、試合は行われていないものの、しかし丈一郎は現在でも現役だと言い張りトレーニングも欠かさない。

 そんな丈一郎だが、実は家庭では意外な顔をもっていた。それが書かれているのが丈一郎の妻・辰吉るみの著書『辰吉家 天下無敵の子育て』(ネコ・パブリッシング)。そこには長男・寿希也と次男・寿以輝の子育て記録とともに、ファミリーの日常が描かれているのだが、この辰吉家、かなり風変わりな家庭なのだ。

 そもそも、辰吉家の家事や育児を一手に担っていたのは、父親であり現役のプロボクサーでもある丈一郎だった。

「辰吉家では、家庭を仕切るのは旦那です。料理や洗濯など家事を率先してやる旦那は私が手伝わなくても文句一つ言いません」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

それでもやる (小学館101新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

次男がボクサーデビュー! 辰吉丈一郎は家事や子育てに積極的な“フェミ夫”だった!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。◯◯メン家事林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
4 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
8 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
11 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
15 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
18 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画