上西メイクで話題の中瀬ゆかりを襲った悲報 急逝した小説家との知られざる愛情生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nakaseyukari_150421.jpg
TOKYO MX『5時に夢中!』出演者プロフィールより


 ペコちゃんの愛称でテレビコメンテーターとしても活躍する新潮社の名物編集者であり出版部部長の中瀬ゆかりが、4月16日、レギュラーコメンテーターを務める『5時に夢中!』(TOKYO MX)を欠席し、様々な憶測を呼んだ。というのもその前週の4月9日、中瀬は“浪速のエリカ様”こと上西小百合議員を皮肉ったモノマネメークで『5時に夢中!』に登場、大きな話題を呼んでいたからだ。その翌週の異例の欠席という事態に、何らかのトラブルがあったのか、とも見られたわけだが、この日中瀬が欠席した理由は上西議員の圧力うんぬんといった話ではない。その背景には彼女の知られざるプライベートが存在した。

 この日、1人の作家が急逝した。その作家とは『天国への階段』(幻冬舎)のベストセラーで知られる白川道だ。白川はバブル期に悪徳商法として社会問題になった「投資ジャーナル」で社員として働き、その後も自ら投資顧問会社を設立し巨額のカネを動かした挙げ句、投資顧問業法違反で逮捕され、2年半の服役生活をしたという異色の経歴を持つ。その後、自身の体験をもとに書いた『流星たちの宴』で作家デビュー、そして2001年には資産家に騙され家族を失った男の復讐劇を書いた『天国への階段』がドラマ化もされるなど大ヒットし、売れっこ作家の仲間入りをしたハードボイルド作家である。

 また相場師時代の白川は、当時まだ学生だった作家でコラムニストの横森理香と同棲生活を送っていたこともあり、のちに作家デビューした横森がこの頃の白川をモデルにした小説『ぼぎちん』(集英社)を発表している。女性関係も華やかで、またギャンブル好きの、現代では数少ない無頼派作家でもあった。

 その白川がここ15年以上、生活を共にしていたパートナーこそ中瀬だったのだ。

「2人の関係は、周囲の関係者にはよく知られた話です。『5時に夢中!』でも、『ウチのとうちゃん』と何度も話題にしていましたからね。六本木交差点近くに購入したマンションでずっと一緒に生活をしていました。でも世間的には『とうちゃん』が白川だとはさほど知られてはいなかったと思います」(関係者)

 特に隠していたわけではなさそうだが、しかし作家と編集者という側面からそれを大々的に公表するつもりもなかったのだろう。しかし2人の関係を赤裸々に暴露した雑誌があった。04年に休刊したスキャンダル雑誌「噂の真相」だ。同誌はタブーなき雑誌として“作家タブー”であった中瀬と白川の関係を2人の同棲開始直後に暴いている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

上西メイクで話題の中瀬ゆかりを襲った悲報 急逝した小説家との知られざる愛情生活のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。5時に夢中!上西小百合新潮社林グンマ編集の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
8 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
10 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
13 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
14 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
7村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評