離婚騒動で指摘される米倉涼子の「M気質」は本物? “覚せい剤男”とSM不倫報道も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yonekura_150414.jpg
女王様イメージの強い米倉涼子も実はM?

 今月に入り、突然流れた米倉涼子の離婚報道。中でも読者に驚きをもたらしたのが、現在発売中の「週刊文春」(文藝春秋)4月16日号だ。米倉が離婚を決断した理由について、その原因は夫のモラハラとDVにあると報じたのである。

 夫は米倉に門限を強要し、米倉もそれに従っていた。時には5時間も床に正座させ、説教する。人前で人格否定のような罵詈雑言をはく。また昨年の入籍5日後の都内カウントダウンパーティーに夫婦揃って出席した際、夫は酔って怒り出し、米倉の頭を叩き、最後には首まで絞めて、ひとりで怒って帰ってしまったという。

 まさに暴力とモラハラがセットになった典型例。もちろん夫側を貶めるためのネガティブキャンペーンで多少オーバーになっている可能性もあるが、しかしだとしても、超大物女優、男前でじゃじゃ馬的なイメージがある米倉が、ここまで男に服従し、支配されてしまうというのは、かなり意外に映る。だが「週刊文春」はこう書いている。

「彼女はテレビのイメージでは捌けた性格で“女王様”みたいに見えるかもしれないけど、実際はむしろ『M』気質」
「もともと彼女は何か言われたら、『ごめんなさい』と跪いてしまうタイプ」

 実はこの米倉の「M気質」というのは、15年前の女優デビュー当初から一部マスコミで指摘されていたことだった。しかもトンデモない男遍歴と一緒に。

 それまでモデルとして活躍していた米倉が「女優宣言」したのは1999年だが、その翌年の写真週刊誌『フライデー』(講談社)2000年9月8日号にはこんな米倉の初スキャンダルが報じられた。

「新進女優に衝撃の初スキャンダル 米倉涼子は『覚せい剤オトコ』と不倫・半同棲していた!」

 なんとも衝撃的なタイトルだが、その内容もセンセーショナルなものだった。米倉が20歳前後だった1997年頃、レストラン経営者で広域暴力団とも深いつながりがある男性Aと不倫・半同棲していた。しかも、この報道当時、Aは覚せい剤使用及び所持で逮捕され、服役中。さらに交際相手だった米倉本人も警察の取り調べを受けたが、結果はシロだったというものだ。

 この報道を受け、マスコミ各社は一斉に米倉の男性関係など周辺取材を開始したのだが、そこにあるキーマンが登場する。それは逮捕されたこの不倫相手Aの元側近で、米倉との同棲生活を身近で見てきたという人物だった。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

【TVドラマ・ノベライズ】Doctor-X 外科医・大門未知子III 後編 (宝島社文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

離婚騒動で指摘される米倉涼子の「M気質」は本物? “覚せい剤男”とSM不倫報道ものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Mオスカープロモーション不倫時田章広米倉涼子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画