蛭子さんがテレビの裏側を暴露…有吉は必死、坂上はキャラ、高橋英樹と共演NG?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
ebisusan_01_150410.jpg
『芸能界蛭子目線』(竹書房)

 有吉弘行、坂上忍、ヒロミ……ここ近年つづいている芸人の再ブレイク。一様に毒舌を売りにした芸人たちだが、そんななかで異彩を放っているのが“蛭子さん”こと蛭子能収だ。テレビ東京の『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』で注目を集め、昨年放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)では、「蛭子能収を超えるクズはそうそういない説」として検証されたことも。クズと名指しされるほどに裏表のない、忌憚のなさが受けているようだ。

 だが、ご存じの通り、蛭子さんの本業はマンガ家である。もちろんマンガでも蛭子さんは芸能界のしがらみなんて、どこ吹く風。先日発売したマンガ&インタビュー集『芸能界蛭子目線』(竹書房)でも、その治外法権ぶりを発揮して、数々の芸能人を(蛭子さんらしく悪気はないままに)ぶった斬っている。

 たとえば、ポストタモリである昼の帯番組『バイキング』(フジテレビ系)の司会にまで登りつめた坂上忍について、「すごいテンションでやってますよね。でもカメラが回っていない時は、すごく静かな人ですからね。今のキャラは演じていらっしゃると思いますよ」と、坂上のがんばりも台無しにするかのように素の姿を暴露。

 同じく有吉弘行も、毒舌家に“キャラ変”した再ブレイク黎明期に番組で蛭子さんは共演。「あんなに極端に変わったのはビックリしましたよね。俺には出来ないから」と、やはり有吉が隠したいであろう“必死だったころ”を蛭子さんはオープンに。しかも、蛭子さんの冷静な目は〈自分が強く言ってることを自分でウケている〉という有吉の姿も見逃さなかった。すかさず「あれ? 笑ってんの?」と蛭子さんが指摘すると、有吉は「いや 笑ってない」と否定したというが、これは“毒舌ではない自分が毒を吐いている恥ずかしさ”という有吉の自意識が明らかになるエピソードかもしれない。

 さらに蛭子さんの“芸人・テレビ殺し”は止まらない。バラエティ番組の裏側を、蛭子さんは無邪気にこう語る。

「ひな壇芸人の人たちも、カメラが回ったら大騒ぎしますけど、楽屋では静かですよ。もうなんだか疲れ切ってる感じ。出番前も静かですよ。爆発するために力を溜めてる感じかなぁ。みんなおとなしくしてます」
「もうね、俺は社交的じゃないし、滑舌も悪いし、第一、群れるのが嫌だから、業界の付き合いはホントに大変ですよ。苦痛です。でも世のサラリーマンと同じで、共演者とは微笑んで話したり、司会者におべっか使ったり、プロデューサーのご機嫌とったりしないと駄目なんですよね」

 多くの視聴者がうすうす勘づいていることを、ずばりと言葉にして開示してしまう蛭子さん。しかし、もっとも驚かされるのは、年配者には「桃太郎侍」、若い人には「越後製菓」「真麻パパ」でおなじみの好感度俳優・高橋英樹の話だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

芸能界 蛭子目線

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

蛭子さんがテレビの裏側を暴露…有吉は必死、坂上はキャラ、高橋英樹と共演NG? のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。キャラ坂上忍大方 草有吉弘行蛭子能収裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
4 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
8 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
11 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
12 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
13 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
14 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
15 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
16 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
17 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
18 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
19 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
20 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
3首相秘書官「本件は首相案件」
4羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
15「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
16長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画