安室奈美恵がネット依存を告白!? ITデトックス=ネット絶ちを推奨するも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
amuro_01_140826.jpg
安室奈美恵オフィシャルサイトより


 SNSの発達によって、情報とコミュニケーション過多の時代といわれる現代。ハマりすぎると「SNS中毒」「スマホ中毒」だと病気認定までされてしまうご時世だが、海外セレブの間では一定期間ネット断ちする「ITデトックス」なるものが流行しているという。そんななか、日本でも意外な人が「ITデトックス」を推奨している。

 その人物とは、歌手の安室奈美恵。女性ファッション誌「Gina」(ぶんか社)3月号に掲載されたインタビューで安室は、「LINEとかフェイスブックとか、SNSが当たり前の今の時代は、仕事面でも交流関係でも流行面でも、常にアンテナを張ってなきゃいけないわけだから、気にしないってこと自体が難しいと思うんです。だからたまにはITデトックスが必要なんですよ」と持論を展開。「そうやってネットやメールを気にしない時間を作って、家でぼーっとする。最初はどうしても気になっちゃうかもしれないけど、2〜3日もすれば気にならなくなってきますよ」と、熱心に読者へ“ネット絶ち”を薦めている。

 しかし、安室といえば、日本のインターネット黎明期である90年代後半に芸能人としてはいち早くホームページを開設し、さらには本人自らがチャットルームに登場し、ファンと交流していた過去がある。しかも自身のHPだけでなく「麻雀サイトに現れ、ネット上で卓を囲んでいる」という情報が週刊誌を賑わせたこともあるほど。当時、社会現象にまでなった安室の人気と、いまのように芸能人がTwitterやブログなどのツールを持たず、テレビかライブでしか見られない存在だったことを考えると、安室のネット上における神出鬼没ぶりは“異常事態”だったのだ。

 そして、気になって調べてみたところ、安室はその当時にも現在と同じように「ITデトックス」に近い発言を行っていた。2000年3月号の「JUNON」(主婦と生活社)で、安室はこう語っている。

「前回のインタビューではちょうどインターネットにハマってるっていう話をしたんだけど、最近はあんまりやってないですね。あの後、自分のホームページを立ち上げて、最初の頃はファンの人たちと直接チャットで話をしたりしてたんですけど、それを雑誌でもテレビでも言っちゃったもんだから、メールが殺到してパンパンになっちゃったみたいで。お便りページは今、閉鎖されてるんです」

 中年世代にとっては「お便りページ」という響きになんともいえない郷愁を感じるが、安室はネットから離れた理由を「また私本人だっていうのを信じてもらうのが大変かなとか思って(笑)」と説明。なんでも、ファンが運営する安室応援サイトにまで出没し、「掲示板に自分の仕事の予定とかいちいち書き込んでいた」と言うから、当時のネットへのハマりぶりはすごかったようだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

安室奈美恵がネット依存を告白!? ITデトックス=ネット絶ちを推奨するも…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スマホ依存症大方 草安室奈美恵の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
6 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
9 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
10 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
11 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
12 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
13 原発広告に文化人や芸能人が
14 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
18 葵つかさが「松潤とは終わった」と
19 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画