春香クリスティーンが「炎上」して考えたこととは…タコツボ化する「右」と「左」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
haruka_150225.jpg
『ナショナリズムをとことん考えてみたら』(PHP研究所)

 ここ数年、政治関連の番組でよく見かけるようになった女性タレント──それが春香クリスティーンだ。

 1992年スイスに生まれ、日本人の父とスイス人の母を持つ彼女は16才の時に単身来日。趣味で政治家の追っかけをやっていたことなどから「政治に関心を持つタレント」として脚光を浴び、現在ではバラエティ番組などにも多数出演している。

 そんな彼女がこのほど新書を出版した。タイトルは『ナショナリズムをとことん考えてみたら』(PHP研究所)。いったいなぜ「ナショナリズム」なのか?

 きっかけとなったのは、自身が経験した「炎上事件」だ。2013年12月、とある情報番組に出演した彼女は安倍首相の靖国参拝についてコメントを求められ「もしもドイツの首相がヒトラーの墓に墓参りをした場合、他の国はどう思うのかということで議論されるわけですけど」と発言。このたった一言が「ヒトラー発言」として一人歩きし、主にネット上で猛烈なバッシングを受ける。

 なかにはツイッター上で「朝鮮帰れ」と罵声を浴びることもあった。スイス出身なのに「朝鮮」? そう、彼らの正体は「愛国者」を自認しながら、その実ネット上で仮想敵を見つけると何でも「在日」とレッテル貼りをする「ネトウヨ」だったのだ。「朝鮮帰れ」は対象を問わず、攻撃の決まり文句だった。以前朝日新聞に秘密保護法反対のコメントを寄せたことで右から、炎上から半年後には読売新聞に原発再稼働を容認するコメントを寄せたことで左から非難を受けた経験も重なり、彼女はネット上でのこうした「色分け」に辟易するようになる。

 バッシングを受けると、多くの人間は恐怖のあまり沈黙してしまう。当初は春香クリスティーンもそうだった。しかし、その後彼女は疑問を抱き始める。愛国的ナショナリズムと結びつけられて語られることの多いネトウヨとはそもそもどんな人々なのか? 政治的な「右」「左」の区別はそんなに簡単なのだろうか? 問いをたずさえ、彼女は萱野稔人、鈴木邦男、田原総一朗、三橋貴明という4名の立場が異なる論者に直接話を聞きに行くのだ。本書のなかにはその取材成果がまとめられている。
 
 こう書くとネトウヨへの「反撃本」というイメージを持たれるだろうか。「そうではない」点が本書のミソでもあることも強調しておきたい。彼女はネット上においては「『右』も『左』も『タコツボ化』していく」特徴があると断ったうえで、こう続ける。

「ネット上の議論がうまくかみ合わないのは『右』だけのせいではありません。(略)『ネトウヨ』だけを槍玉に挙げるのもフェアではないのでは?」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ナショナリズムをとことん考えてみたら (PHP新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

春香クリスティーンが「炎上」して考えたこととは…タコツボ化する「右」と「左」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。原発小林よしのり春香クリスティーン松岡瑛理の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 『ニュース女子』問題で水道橋博士が黒幕を指摘
2 ウーマン村本こそ“最強反戦芸人”だ!
3 室井佑月が立憲・辻元清美に注文連発
4 松本が安倍と会食で“田崎スシロー”化
5 ウーマンが『THE MANZAI』で怒涛の政治ネタ
6 ICAN無視の安倍政権に吉川晃司が
7 星野源が考える“新しい家族”とは
8 松本人志「安倍擁護じゃない」どの口が
9 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
10 “国会王子”TBSの武田記者がDVで警察に
11 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
12 富岡八幡宮殺傷事件犯人の日本会議活動
13 さんま「戦争に税金使うな」と国税に抗議
14 カンニング竹山、村本も共謀罪に反対
15 北九州一家殺害事件犯人の息子の証言
16 南京大虐殺を日本テレビの番組が証明
17 百田尚樹が沖縄保育園事故を「捏造」と攻撃
18 松本人志が「冤罪あっても」共謀罪支持
19 ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
20 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
1田崎とケントに自民党からカネが!
2さんま「戦争に税金使うな」と国税に抗議
3ICAN無視の安倍政権に吉川晃司が
4安倍が横田早紀江さんを無視している
5ICANノーベル賞授賞式を日本マスコミが無視
6 不正入札、リニア新幹線はアベ友利権だ
7山口敬之氏のスポンサーが逮捕された!
8ウーマンが『THE MANZAI』で怒涛の政治ネタ
9松本が安倍と会食で“田崎スシロー”化
10昭恵の無神経と籠池夫妻の勾留長期化
11北朝戦争に”NO”を言わない安倍政権
12ペジー社・齊藤容疑者が櫻井よしこと
13生活保護カットで他の低所得者も困窮
14富岡八幡宮殺傷事件犯人の日本会議活動
15ノーベル賞授賞式で被爆者出席も安倍政権が
16富岡八幡宮、祖父は日本会議前身の中心
17百田尚樹が沖縄保育園事故を「捏造」と攻撃
18エルサレム問題で安倍がトランプのポチ
19 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
20大林宣彦「青春は戦争の消耗品ではない」

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

ブラック企業被害対策弁護団

連載一覧へ!

ブラ弁は見た!ブラック企業トンデモ事件簿100

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」