自己責任論の本家は安倍首相だった!? 人質事件被害者に救出費用を請求する発言も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
abe_150209.jpg
2月1日の閣僚会議(首相官邸HP「政府インターネットTV」より)


 思わず言葉を失ってしまう驚愕の数字が昨日2月8日の読売新聞に掲載された。読売新聞社が行った全国世論調査で、〈政府が渡航しないように注意を呼びかけている海外の危険な地域に行って、テロや事件に巻き込まれた場合、「最終的な責任は本人にある」とする意見についてどう思うか〉という質問に、「その通りだ」と答えた人が83%に上ったというのだ。

 同時に、読売新聞のこの世論調査では、「自己責任だ」とした83%のうち、日本人人質事件を巡る政府の対応を「適切だ」とした人は90%に上ったという。いわば世論の大半は「ふたりの死は自己責任であり、日本政府はやるだけのことはやった」と考えている、ということになるだろう。

 人質事件の検証というジャーナリズムの仕事を放り投げ、政権に尻尾を振ってばかりの読売新聞の調査結果だということを差し引いても、これは恐ろしい数字と言わざるを得ない。

 事実、湯川さん、後藤さんの殺害予告動画が公開されてから、ネット上では自己責任の声があがってきた。デヴィ夫人にいたっては「(後藤さんには)いっそ自決してほしいと言いたい」と、普通の感覚では到底信じられない言葉を投げつけたが、多くのネット民がこれに賛同。「危険地域に勝手に入ったやつらが悪い」「どれだけ国に迷惑かけたと思ってるんだ」「死ぬ覚悟はできてたんでしょ?」と、湯川さんと後藤さんを非難し、殺害という最悪の結果を迎えてからも、その声は加速をつけて広まっている。

 また、本サイトはこうした自己責任論の愚かしさ、浅はかさ、そしてその裏に隠された政治的仕掛けを繰り返しあきらかにしてきたが、それに対しても、罵倒と冷笑が浴びせられ続けている。

 だとしたら、何度でも言っておかねばならないだろう。自国民の生命保護は、ほかでもない国家の責務だ。それがたとえ犯罪者であったとしても、政府は法の範囲内において人命を救うために最大限の努力をする義務があり、国民はそれを国家に要求する権利がある。ましてや、後藤さんは動かない日本政府に代わって湯川さんを助けようとシリア入りしたのだ。これを自己責任などといって切り捨てるのであれば、もはやこの国に民主主義国家を名乗る資格などない。

 しかし、すでに日本は政府からしてその道を外れようとしている。これも本サイトで再三指摘してきたように、安倍政権は今回、表向きは「人命を最優先」と言いながら、人質解放のために何の方策も講じなかったどころか、外務省や民間レベルでの交渉にストップをかけていた。

 この背景には、人質交渉を一切するなというアメリカへの追従姿勢があるのはもちろんだが、もうひとつ大きな要素がある。それは、当の安倍首相本人が筋金入りの自己責任論者であるということだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

自己責任論の嘘 (ベスト新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 官邸、山口敬之がネトウヨ妄想に丸乗り
2 ECDの妻が明かした夫のがん闘病
3 橋下徹が籠池証人喚問以来、完全沈黙
4 昭恵夫人が籠池妻に小川榮太郎を紹介
5 安倍政権御用ジャーナリスト大賞
6 マツコが“忘れられない男”と首都高で
7 安倍応援団の情報操作に騙されるな!
8 2枚目のFAXを封殺、官邸の情報操作
9 山口敬之、“安倍太鼓持ち”の歴史
10 安倍が木村草太嫌がり報ステ出演中止
11 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
12 松本人志が森友問題から逃げた!
13 安倍100万円振込票と長女の目撃証言
14 籠池証人喚問で自民党議員の質問に唖然
15 昭恵夫人付役人から籠池に予算化報告
16 籠池と松井の接点を大物府議の元秘書が
17 籠池独占取材した菅野完爆弾会見の中身
18 浅田舞が真央との不仲は母のせいと告白
19 ニュース女子・沖縄デマはなぜ生まれた
20 稲田夫が籠池と財務局との交渉に同席
PR
PR
1籠池独占取材した菅野完爆弾会見の中身
22枚目のFAXを封殺、官邸の情報操作
3 昭恵夫人付役人から籠池に予算化報告
4安倍が防大卒業式で軍人勅諭ばり訓示!
5籠池理事長が「安倍首相から100万円」
6安倍100万円振込票と長女の目撃証言
7迫田、松井、昭恵も証人喚問せよ
8橋下徹が籠池証人喚問以来、完全沈黙
9“第二の森友学園”関係者を最高裁判事に
10安倍応援団の情報操作に騙されるな!
11籠池証人喚問で自民党議員の質問に唖然
12森友で橋下と松井が国の圧力暴露も…
13昭恵夫人の口利きで8千万円の予算が
14田崎が“籠池が稲田にセクハラ”の噂を
15稲田夫が籠池と財務局との交渉に同席
16籠池の依頼で昭恵夫人が口利きか
17松井知事が森友認可前に私学課に圧力?
18国税の税務調査を使った報道への圧力
19官邸、山口敬之がネトウヨ妄想に丸乗り
20橋下後援会長の息子と籠池と元在特会
PR
PR

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

室井佑月が斎藤貴男と「共謀罪」を徹底批判!「安倍政権に逆らう人が片っ端から逮捕される」

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」