もはや喪女ですらない!? 新種の非モテ“童貞女子”が登場! その精神構造とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
douteijoshi_150130.jpg
『そういや私、女子だった! すこやかでハッピーな童貞女子の日常』(KADOKAWA/メディアファクトリー)

 こじらせ女子、文化系女子、肉食女子、干物女子、うさぎ系女子……これまでさまざまな○○女子がメディアをにぎわせてきたが、最近、新たに話題になっているのが“童貞女子”。

 でも、女子なのに“童貞”っていったいどういうことなんだろう。たんなる処女とはちがうのはなんとなくわかるが、男性と接するのが苦手な喪女みたいなもの? それとも女子力のないことをネタにするこじらせ女子的なものか? “童貞女子”という言葉の生みの親で、自身も童貞女子だというさっちゃんことひぐちさとこが書いた『そういや私、女子だった! すこやかでハッピーな童貞女子の日常』(KADOKAWA/メディアファクトリー)を読んでみたのだが、どちらともまったく違うようだ。

 まず、冒頭にこんなシーンがある。ある日、友人がさっちゃんに「昔付き合ってた彼がベッドで~」といった大人のリアルな下ネタトークを始める。すると、さっちゃんはいきなり、顔を赤らめたり青ざめたりしてキョトキョトしはじめるのだ。友人も思わず「…なにぶりっ子してんのよ」とツッコんでいるが、実はそれくらいセックスネタは苦手らしい。

 いや、セックスネタだけじゃない。さっちゃんは「女の子の日なの」「最近お通じなくてー」といった会話にすら挙動不審になる。

 ところが、同じ下ネタでも「うんこうんこ」的な話は大好きで、キャッキャとはしゃぐ。さらに、無言電話がかかってきたときは気持ち悪がるのか思いきや、「ハァハァ無言電話たん 今日のパンツは何色かな~!?」と返してしまうらしい。

 それができて「女の子の日」の話はできないってどういうこと!? 普通は逆だろ!?とツッコミたくなるが、さっちゃんによると「違うんです ただガキなだけなんです」とのこと。本書では童貞女子の特徴として「精神年齢は小学校低学年くらい」と書かれているが、なるほど、言われてみればその発想と純粋さはたしかに小学校低学年に匹敵するだろう。いや、むしろ小学校低学年というより、小学校低学年の男子! どうやら童貞女子の女子力のなさは、喪女やこじらせ女子の言う女子力とはまた違う次元にあるようだ。

 それは女子との関係にも表れている。さっちゃんがバイト仲間で完璧モテ系女子のモテ美ちゃんと買い物に出かけるエピソードがあるのだが、そのときの会話がこちら。

「モ モテ美ちゃんはどんなお店に買い物行くの!? あそことかオシャレだね!?」
「足疲れてない!? 大丈夫!? のどかわいてない!? どっかカフェとか入る!?」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

そういや私、女子だった! すこやかでハッピーな童貞女子の日常 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

もはや喪女ですらない!? 新種の非モテ“童貞女子”が登場! その精神構造とは?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。○○女子モテ島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
4 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
9 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
10 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
11 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
12 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
13 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
14 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
15 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
16 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2林芳正文科相がキャバヨガ通い、官邸は?
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画