>  >  > イスラム国事件でほくそ笑む安倍首相

安倍首相はほくそ笑んでる? イスラム国人質事件で「戦争のできる国」づくりが加速

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
abe_01_150124.jpg
安倍晋三首相のFacebookより


 イスラム国が人質邦人の殺害を予告した期日を過ぎた。24日19時現在、日本政府が2人の安否を確認したとの情報はない。一刻も早い解放が望まれるが、しかし、結果がどうなろうとも、おそらく安倍首相はなんの痛痒も感じないだろう。なぜなら、この人質事件は安倍首相の目指す「戦争のできる国家づくり」をさらに前進させる絶好の機会になるだろうからだ。

 いや、もっといえば、安倍首相はそもそもこうした事態をつくりだすために「積極的平和主義」を掲げてきた、と言ってもいいかもしれない。

 よく知られているとおり、中東やアフリカなどのイスラム諸国は従来、日本に悪感情など持っていなかった。イスラエルに肩入れし、幾度も中東で武力侵攻に手を染めてきた米国や欧州主要国とは異なり、平和憲法を掲げる日本が現地で直接戦火を交えたことは一度もなかったからだ。欧米とは異なるアジアの非キリスト教国として世界にも稀な経済発展を成し遂げたことへのリスペクトもあった。“過激派”=日本赤軍が引き起こしたリッダ事件の影響も無視できないだろう。

 しかし、このようにしてイスラム諸国に共有されていた日本への親近感=親日という“財産”は、この10年ほどで使い果たされてしまった。

 9.11をうけ、米ブッシュ政権がアルカイダ殲滅に乗り出したアフガン報復戦では、当時の小泉政権は全面的な「支持」を表明し、海上自衛隊の補給艦と護衛艦を派遣した。ありもしない「大量破壊兵器の脅威」を名目にしたイラク侵攻戦でも、国際社会から懸念の声が示されたのに、小泉政権はまたもや自衛隊を送って米国に同調した。

 そもそも、アフガンのタリバンやアルカイダにせよ、シリアからイラク北部にかけて支配地域を広げるイスラム国にせよ、歴史をひもとけば、米国らの身勝手な中東政策が産み落としてしまった“鬼っ子”の側面が強い。にもかかわらず日本は米国につき従い、ひたすら「支持」と「支援」を繰り返してきた。

 そして、この姿勢は第二次安倍政権が誕生すると、さらにエスカレートする。

 米英仏のイスラム国への空爆についても、国連安保理の決議すらない国際法違反の疑いが指摘されているのに、安倍政権は「米国を含む国際社会のイスラム国への闘いを支持している」と、全面的に支持。一方、国内では解釈改憲という乱暴な手法で集団的自衛権の行使容認を宣言。米国とのさらなる軍事一体化を進め、長年堅持した武器輸出三原則も破棄、軍事分野へのODA(政府開発援助)適用などに向けた動きも活発化させた。

この記事に関する本・雑誌

勝てないアメリカ――「対テロ戦争」の日常 (岩波新書)

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 石原慎太郎もネットも障がい者排除支持
2 綾野剛が映画の自主規制と内面化を批判
3 相模原事件容疑者は安倍、百田ファン?
4 雨宮塔子が子供捨てたバッシングに反論
5 「憲法9条を守れ」と主張する芸能人
6 SHELLYがネトウヨに堂々反撃
7 小池百合子は“ネトサポ”の親玉だった
8 さんま・中居SMAPトークのヤバい部分
9 宇野常寛が舛添イジメ批判
10 ポケモンGOで自民党とマスコミの姑息
11 小池百合子は“女性の味方”じゃない!
12 現役ヤクザが安保法制を批判!
13 吉川晃司が「俺は現政権がでえっ嫌い」
14 雨宮塔子に「母親失格」の理不尽批判
15 小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
16 反安保発言!長渕剛は右翼か反戦か?
17 キムタク最大のタブーとは?
18 大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
19 SMAPを殺したのはキムタク
20 浅田舞が真央との不仲は母のせいと告白
PR
PR
1天皇の「生前退位」は安倍改憲への抵抗
2石田純一が「一切の政治発言禁止」処分
3安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
4米空軍機が沖縄で照明弾発射の暴挙も
5鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
6日本会議会長が「軍隊つくる」、安倍も
7小池百合子は“女性の味方”じゃない!
8石原慎太郎もネットも障がい者排除支持
9 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
10小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
11相模原事件容疑者は安倍、百田ファン?
12「与党2/3で改憲」発言の教師が謝罪
13小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
14自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
15大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
16安倍応援団「東京五輪で人権制限を」
17雨宮塔子が子供捨てたバッシングに反論
18改憲勢力2/3に直木賞作家が危機感!
19水原希子に日本のネトウヨがヘイト攻撃
20小倉智昭が師匠・大橋巨泉に裏切り行為
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」