>  >  > イスラム国事件で政府とテレビ局が…

イスラム国人質事件で新情報!

政府がイスラム国との秘密交渉に失敗していた!? 後藤氏を雇ったテレビ局も関与か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
abe_01_150123.jpg
外務省ホームページより


「イスラム国」による日本人人質事件への対応をみていると、政府の本気度が少しも感じられないのは筆者だけだろうか。

 政府は、身代金「2億ドル」の支払い期限を「日本時間23日午後2時50分」と宣言し、関係各国と連携して対応に追われているといった様子が新聞・テレビを通じて伝えられてきた。

 しかし、安倍晋三首相といえば、イスラム国への強硬姿勢で知られる英国のキャメロン首相やオーストラリアのアボット首相と電話会談し、「日本はテロに屈することなく、国際社会によるテロとの戦いに貢献していく」などとイスラム国を刺激する発言ばかりが報じられる始末。イスラム国との交渉ルートを探る本格的な動きは一向に伝わってこない。

「しかも、イスラム国の警告から72時間の猶予期間がありながら、政府は肝心要のNSC(国家安全保障会議)を一向に開催しようとせず、期限ぎりぎりの23日午後まで持ち越している。NSCの開催結果を受けて、外務・防衛・警察の各当局が対応を決める手はずだが、これでは時すでに遅しなんだよ」(大手紙政治部記者)

 実は、ここにきて、ある重要な情報をキャッチした。ある政府関係者が打ち明ける。

「安倍政権の中枢は昨年10月末ごろ、『フリージャーナリストの後藤健二がイスラム国に誘拐された』との情報をすでに把握していたようだ。その後、外務省の一握りのスタッフだけで水面下の秘密交渉を続けたものの、失敗したと聞いている」

 これが本当なら、安倍首相は人命のかかった人質解放交渉を途中で放棄し、昨年12月にあの“大義なき”衆院解散・総選挙に雪崩れ込んだことになる。

 当時の経緯を振り返ってみよう。昨年10月8日、後藤氏は民放の情報番組に出演し、知人である湯川遥菜氏の人質事件を振り返った。その後、シリアに取材に向かっている。ところが、12月6日に仙台市で予定されていた後藤氏の取材報告会は中止になっていた。すべては、この2ヶ月間に秘密が隠されている。前出の政府関係者が続ける。

「実は、“御用メディア”として知られるテレビ局が10月下旬ごろ、シリア入りする前の後藤氏と接触し、取材依頼をしたようだ。当然、取材経費の話もするだろう。後藤氏はいわばテレビ局に特派された格好。ところが、数日たっても一向に連絡がない。どうも後藤氏はガイド役に内通されて、イスラム国に差し出された疑いが出てきた。慌てたテレビ局は、いち早く政権中枢に相談したという流れのようだ」

この記事に関する本・雑誌

テレビ局の裏側 (新潮新書)

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 さんま・中居SMAPトークのヤバい部分
2 コミケ応援の小池百合子はマンガ規制派
3 安倍応援団「東京五輪で人権制限を」
4 SMAPを殺したのはキムタク
5 安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
6 小池百合子は“女性の味方”じゃない!
7 中居がキムタクに「納得がいかない」
8 小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
9 大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
10 能年玲奈に前事務所が「本名、使うな」
11 ジャニー「SMAP解散ない」信用できず
12 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
13 小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
14 鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
15 瀬戸内寂聴がさらに激烈安倍批判
16 小倉智昭が師匠・大橋巨泉に裏切り行為
17 自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
18 SHELLYがネトウヨに堂々反撃
19 浅田舞が真央との不仲は母のせいと告白
20 復帰の能年玲奈に事務所が妨害工作
PR
PR
1天皇の「生前退位」は安倍改憲への抵抗
2石田純一が「一切の政治発言禁止」処分
3生前の永六輔が自民改憲草案を痛烈批判
4それでも石田純一の勇気を讃えよ!
5米空軍機が沖縄で照明弾発射の暴挙も
6安倍政権の沖縄いじめがヒドい!
7鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始
8日本会議会長が「軍隊つくる」、安倍も
9小池百合子は“女性の味方”じゃない!
10安倍の御用TVが早速「改憲は必要」
11 林真理子が“夫のネトウヨ化”に嘆き節
12小池百合子の本性は“極右ヘイト”だ
13「与党2/3で改憲」発言の教師が謝罪
14小池百合子が「東京に核ミサイル配備」
15自公が推す増田寛也と原発ムラ利権
16大橋巨泉の安倍批判の遺言がテレビでカット
17選挙特番がボツにした日本会議のテープ
18安倍応援団「東京五輪で人権制限を」
19小倉智昭が師匠・大橋巨泉に裏切り行為
20水原希子に日本のネトウヨがヘイト攻撃
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」