誰得? フェチの新発明? “水着にニーハイソックス”の写真集がなぜか大人気!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
suichukneesox_01_150104.jpg
『水中ニーソプラス』(ポット出版)

 スクール水着、ブルマー、黒タイツ、さらには股下デルタに絶対領域、パイスラッシュ……。フェチの細分化が進んで、新たな萌えが次々生まれているが、今、SNSで密かに話題になっている新種のフェチがある。それは、水着とニーハイソックスの組み合わせ。

 きっかけは、映像作家である古賀学があるミュージックビデオを撮る際、水中撮影のスキルトレーニングのためにモデルに白い競泳水着と白いニーハイソックスを穿かせて撮影した写真からだった。仕事とは関係なく趣味で撮影したものらしいが、これはかわいいということになり、撮った写真をTwitterでアップ。ネットでは「誰得!?」という声もあったが「なぜかわからないけどかわいい」と瞬く間に話題になった。そこから発売された『水中ニーソ』(ポット出版)という写真集も好評で、今度は水着とニーソにさらに1アイテム加えた『水中ニーソプラス』まで発売された。

 フェチ系写真集は数多く出版されているが、水中ニーソなんていうニッチなものがここまで人気を得た理由は何なのだろう?

 まず、水着とニーソにはある共通点がある。それは、どちらも身体を締め付け、その形をよりくっきりと浮かび上がらせること。さらに、水に濡れたことによってよりピッタリと体に張り付き、水圧によってさらに締め付けられ、身体のラインはこれでもかというほど強調される。

 つまり、胸の丸みが強調されるところやお尻に食い込むところがたまらないという水着フェチや、締め付けられた脚とチラリと見える太ももがいいというニーソフェチにとって、一挙両得というか、楽しみ倍増というわけだ。

 しかも、水中ニーソは濡れフェチの対象にもなる。濡れフェチとは制服やスーツなど、洋服が濡れて肌に張り付いているさまが好きという人のこと。『びしょびじょ』(サトウテツオ/マイウェイ出版)などの写真集も発売されて、大人気を博しているが、そういう趣味の人たちから見ると、水着では濡れていても非日常感や背徳感を得ることはできない。しかし、ニーソという本来なら濡れるはずのないファッションアイテムを1つ加えることによって、感性がくすぐられというわけだ。

 また、水中ならではのポーズの多彩さもこの写真集の魅力だろう。優雅に水中を漂う姿や宙返りしているもの、プールの底にある酸素ボンベを両手で掴み、身体が浮かんでいくのに逆らっている様子などは、浮力のある水中だからできるもの。ブレイクダンスの技の1つで、片手で逆立ちするマックスのようなポーズも、水中なら軽々とできてしまう。まるで人魚にでもなったかのようなこの自由な動きや身体のしなやかさ、優雅さは、女性をより美しく見せてくれる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

誰得? フェチの新発明? “水着にニーハイソックス”の写真集がなぜか大人気!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ニーハイソックスフェチ古賀学島原らんの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
2 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
3 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
4 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
5 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
8 財務次官セクハラが海外メディアでも
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
11 麻生太郎が愛人の店に2360万円
12 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
13 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 葵つかさが「松潤とは終わった」と
17 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
18 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
19 ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
20 上念司もケントと同様、加計の客員教授
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8参加阻止も…官邸前デモの警備がひどい
9 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
10「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
20 財務次官セクハラが海外メディアでも