低視聴率も宮藤官九郎が裸の王様状態!「クドカン」の愛称も使用禁止?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kudokan_141207.jpg
大人計画 公式サイトより


 毎週月曜日になると、毎度のようにニュースとして伝えられる『ごめんね青春!』(TBS系)の低視聴率問題。脚本家・宮藤官九郎がNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の国民的ヒット以来、はじめてシナリオを手がけたことで大きな注目を集めていたが、フタを開けてみたら初回から10.1%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)と惨敗で、その後も8〜6%台を推移。第7話では5.7%という最低視聴率を記録してしまった。『あまちゃん』が最高視聴率27.0%を誇ったことを考えると、枠の問題を差し引いても寂しい限りだ。

 だが、スポーツ紙やネットのニュースサイトでは、低視聴率ながら『ごめんね青春!』を支持する論調が続出。「クドカンドラマ低視聴率発進 TBS21時枠との相性悪いか」「『ごめんね青春!』視聴率苦戦も称賛の声出る理由」「『ごめんね青春!』独特の“クドカンワールド”に共感「視聴率気にするな」」といった具合で、クドカン擁護の記事が目立つ。

 なかでも「週刊文春」(文藝春秋)で“毒舌コラムニスト”として鳴らす今井舞は、『ごめんね青春!』について、のっけから「記録の王、記憶の長嶋。貫禄の『ドクターX』、録画のクドカン」と録画視聴率が高いことを挙げ、「視聴率は気にすんな」「『視聴率は振るわなかったが、DVDでコアなファンが』って毎回作品紹介の枕詞だし」「一人で録画でじっくり見ないと、細かいネタやセリフの妙が味わえない」と肯定。さらには「クドカンは、わかる奴だけ、わかればいい」と、『あまちゃん』の台詞を使ってかばっている。

 ドラマの視聴率が悪いと、脚本家やキャストの責任論に展開するのが大好きな週刊誌でさえ、この調子。「週刊文春」ではクドカンが連載しているとはいえ、この持ち上げぶりは異様な光景だ。そもそも、「日曜21時枠がクドカンに合っていない」というけれど、『あまちゃん』のときだって「クドカンに朝ドラはハマらない」と声が挙がっていた。どの記事も、結論は「わかる人には、おもしろさがわかる」と言いたいようだが、とにかく「おもしろくない」とは誰も言わない。まるでクドカンは“裸の王様”になったかのような状態だ。

 しかし、この状態に危機感を募らせている人物がいる。ほかでもない、クドカンその人だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

日曜劇場 「ごめんね青春!」

  • amazonの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

低視聴率も宮藤官九郎が裸の王様状態!「クドカン」の愛称も使用禁止?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。視聴率酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
12 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
13 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
20 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画