男脳・女脳に根拠なし!「◯◯しない男、◯◯しない女」の煽りに騙されるな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
otokoonana_01_141119.jpg
『察しない男 説明しない女 男に通じる話し方 女に伝わる話し方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

 半年近く前の話題だが、塩村文夏都議会議員に「産めないのか」とヤジを放った鈴木章浩議員、そのヤジも去ることながら、同様にいただけなかったのが、釈明会見での「本当にしたくても結婚がなかなかできない方の配慮が足りなかった」発言。おそらくご本人は、未だにこの釈明の何が問題だったのか、お気づきではないのだろう。

 その鈍感っぷりを証明したのが『正論』9月号の座談会。「ヒステリックなセクハラ決めつけは少子化日本の重要な問題を見失わないか」と題して、麗澤大学教授・八木秀次、ジャーナリスト・細川珠生と共に登場。八木に「(産めないのか発言のような・引用者注)たいしたことないことでも、物理的に体を触ったり卑猥なことをしたり、そういうことと同じカテゴリーでくくられると、世間のイメージは途端に悪くなるからです。鈴木議員もダメージを受けたのではないですか」と励まされており、それに対して鈴木も「支持者の方には、『よくよく考えれば、たいしたことないじゃないか』と言われることが多いです。ありがたいことに。」と、すっかり居直っている。

 お三方には、「男女雇用機会均等法」にあるセクハラの定義、「職場において行なわれる性的な言動で女性労働者の対応によりその労働条件につき不利益を受けること、またはその性的な言動により当該女性労働者の就業環境が害されること」を送るが、「正論」以外を総じて「異論」とする風土の中では、聞く耳をお持ちいただけないだろう。

 先の鈴木議員のような「そうはいっても女は結婚したがっている」、八木教授のような「セクハラが過剰でむしろダメージを受けているのは男のほうだ」という論旨は、どれだけ女性の社会進出が叫ばれようとも根強い。この手の古い性差ってどこで培養され、更新され続けているのかと思いあぐねていたのだが、リテラ編集部から渡された一冊、五百田達成『察しない男 説明しない女』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を開いて、なるほどそうか、この手のビジネス本が諭す「男女格差あるある」にも一因があるのではと気付いた。

 著者は元・博報堂のキャリアカウンセラー。本書の版元HPには「11万部突破」とあるから、ビジネス本としてかなりのヒット作と言えるだろう。自身の仕事は、本書によれば「人間関係を『まろやか』に変えるお手伝い」だそう。男女の違いを37項目にわたって区分けしていくのだが、あまりのステレオタイプの連発に卒倒してしまう。鈴木議員の「女性は皆、結婚したがっている」的な干涸びた前時代の定義を、そのままコミュニケーションにおけるメソッドとして振りかざしてくる。いくつか紹介してみよう。

「女性の『涙』ですが、これは汗のようなものだと思ってください。『泣いてるのに放っておけない』と思うかもしれませんが、特に意味はなく、女性たちは悲しんでいるわけでも怒っているわけでもありません」とのこと。絶句。

「家事や子育ては女に向いている行為。女性の脳は、右脳と左脳の連結が強い『マルチタスク』。論理的な思考と直感的な思考が同時に必要とされる複雑な作業を同時進行するのに向いています」。なので、「洗濯機を回しながら朝食をつくり、子どもが元気よく、ちゃんと食べているか観察して、夫に忘れ物がないか確認し、横目でニュースを見る……というような、お母さんが普通に行なっている作業は、脳が『マルチタスク』だからこそできる」とのこと。絶句。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

男脳・女脳に根拠なし!「◯◯しない男、◯◯しない女」の煽りに騙されるな!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。トンデモハラスメント武田砂鉄の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍の秋葉原街頭演説が極右集会そのもの
2 安倍政権にNOを突きつける芸能人
3 衆院選極右候補者「ウヨミシュラン」
4 安倍は経済・社会保障でも嘘つきまくり
5 見城AbemaTV安倍ヨイショとテレ朝
6 平野、ケラ…作家たちが安倍政権にNO
7 中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
8 中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
9 救う会元幹部が安倍の拉致利用に怒り
10 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
11 博士、町山が安倍と見城の癒着批判
12 安倍政権忖度でドキュメント番組が改変
13 安倍が神戸製鋼社員時代に不正に関与?
14 自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
15 山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
16 安倍、森友加計問題の説明する気なし
17 「不倫学」が教える防止策とは?
18 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
19 安倍が拉致被害者に「北朝鮮に戻れ」と
20 自民党がネトサポに他党叩きを指南
1山本太郎、改憲翼賛体制とどう闘う?
2安倍、森友加計問題の説明する気なし
3マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
4安倍「妻は籠池さんに騙された」と言い逃れ
5高江ヘリ事故に安倍首相「功績」アピール
6田崎史郎のトンデモ安倍擁護に玉川徹が
7中原昌也「安倍応援団はあまりに下世話」
8 自民党がネトサポに他党叩きを指南
9自民党がテレビを恫喝しネトウヨ煽動!
10加計関係者を判事に!安倍の司法私物化
11安倍首相が日報問題でも口封じ人事!
12原発事故の主犯は安倍、裁判所の判断も
13中村文則「この選挙は決定的な岐路に」
14小学8年生の安倍伝記漫画が反日と炎上
15長谷川豊の自己責任論こそ維新の正体!
16ノーべル賞ICAN の足を引っ張る安倍
17安倍の秋葉原街頭演説が極右集会そのもの
18安倍は経済・社会保障でも嘘つきまくり
19昭恵氏に新たな口利き疑惑 オカルトの影も
20博士、町山が安倍と見城の癒着批判

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」