日テレ女子アナ内定取消し、ホステスがNGでミスコンがOKなのはなぜだ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
gendai_01_141118.jpg
日テレ女子アナ内定取り消しをスクープした「週刊現代」(講談社)11月22日号

 大きな話題となっている、日本テレビの女子アナ内定取り消し問題。東洋英和女学院大学の笹崎里菜さんが、来年4月の「採用内定」を日テレから得たものの、人事担当者にホステスのバイト歴を報告したところ、今年5月に内定を取り消されたという事件だ。「週刊現代」(講談社)11月29日号に掲載された記事によると、日テレ人事局長から彼女に送られたという書面には、こう書かれていたという。

〈銀座のクラブでホステスとして就労していた貴殿の経歴は、アナウンサーに求められる清廉性に相応しくないものであり、仮にこの事実が公になれば、アナウンサーとしての業務付与や配置に著しい支障が生ずることは明らかです〉

 アナウンサーに求められる清廉性──この文面を読んで、失笑を禁じ得なかった人も多いだろう。だいたい、女子アナがテレビ局に要求されているのは、朝はおじさん好感度を狙ったゆるふわファッション、夜は大物芸人やタレントのご機嫌をうかがって露出の高いドレスに身をつつみ、台本の流れを妨げない進行を行う、ほとんどホステス業務のようなもの。アナウンス技術なんて二の次、三の次なのだから、むしろホステス経験者というスキルを評価しろよ、と言いたくなる。

 だが、ここでつっこみたいのは、そんなことじゃない。問題は、彼女が「ミス東洋英和」だったってこと。“ミスキャンパスはOKでホステス経験はNG”という倫理観こそ、どうかしてると思うのだ。

 ご存じの通り、女子アナのミスキャンパス率は非常に高い。もちろん日テレに限ったことではなく、先日、TBSを退社した田中みな実と、滝川クリステルはミス青山学院の準ミスだし、ナインティナイン・矢部浩之の妻で元TBSの青木裕子と、産休から復帰した日本テレビの鈴江奈々、テレビ朝日の竹内由恵、元フジの中野美奈子はミス慶應だ。このほかにも、『とくダネ!』に出演中のフジテレビ・梅津弥英子、テレ朝の市川寛子、日テレの森麻季はミス青山学院、フジの本田朋子と戸部洋子、日テレの豊田順子はミス立教、テレビ東京の大橋未歩とフジの西山喜久恵はミス上智(ミスソフィア)……と、挙げればキリがない。有力なコネがなく、さらに元フジの平井理央やテレ東の紺野あさ美のようにアイドル出身という話題性も持ち得ない者は、最低でもミスキャンパス受賞歴が必要なのだろう。局アナ試験の実態はミスコン、と言っても過言ではないほどの採用率だ。

 「ミスコンは外見だけでなく内面性も問われるコンテストだ」などとのたまう、頭の悪いテレビ局の人事部のおじさんや学園祭実行委員もいるだろう。はっきりいって、そんなものは90年代にフェミから声高にミスコン反対を訴えられて編み出した言い訳のようなものだ。やっていることは、結局、容姿で女に序列をつくっているだけに過ぎない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ジェンダーとセクシュアリティ―現代社会に育つまなざし

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

日テレ女子アナ内定取消し、ホステスがNGでミスコンがOKなのはなぜだ!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アナウンサー水商売田岡 尼の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
2 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
3 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
4 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
10 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
11 財務次官セクハラが海外メディアでも
12 麻生太郎が愛人の店に2360万円
13 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
14 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
15 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
16 柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17 雪印告発の社長が中国産野菜告発
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
20 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
17自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!