復帰果たすも及び腰の矢口真里よ、“ビッチ”として生きる覚悟をもて!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
yaguchimari_01_141024.jpg
矢口真里ファーストエッセイ集『おいら』(ワニブックス)

『ミヤネ屋』(読売テレビ系)への生放送出演から約20日。これで禊ぎを済ませ、完全復活か?と思われたタレント・矢口真里だが、どうにも元気がない。『ミヤネ屋』出演以降、ブログの更新はたったの2回(11月15日現在)。テレビ出演も控えているようで、露出がまったくない状態だ。

 たしかに、ネット上ではまだバッシングを続けている人もいるが、先日発売された「婦人公論」(中央公論新社)11月22日号掲載の矢口真里独占インタビューを読むと、彼女は、世間の空気以上に、どうやら“あのこと”が重く引っかかっているらしい。

“あのこと”とは、前夫・中村昌也と離婚の話し合いで交わされた「プライベートのことをお互いに一切口外しない」という約束だ。

 実は矢口、休業中もバラエティ番組や情報番組に出た際の「いろいろなシミュレーション」をしていたという。しかし、結局は「やはり騒動についての言及は避けられない」という答えに行き着いてしまう。騒動の言及を嫌がっているのではなく、「離婚の経緯や理由は話さない」と中村側と約束したことが引っかかっている、というわけだ。

 こんな調子だから、この独占インタビューでも出てくるのは、

「こちらからお願いしておきながら、私が破ってお話するわけにはいきません」
「中村さんもバラエティ番組に出演し、周囲からそのことを突っ込まれても、黙っていてくれた。苦しかったと思います」
「きっかけを作った私が、100%悪いのですから」

 と、反省の弁ばかり。

 さらに、今後の芸能界復帰についても、ネガティブな発言が目立つ。「騒動について問いつめられるのではないかと思うと怖いですし、私自身がもう求められていないかもしれない」と言ったり、「もしお声がかからないようであれば、潔く辞めようとも思っているのです」とまで話している。これでは、生放送でセンセーショナルに再登場した意味さえなくなってしまいそうである。

 だが、たとえ“約束”があったとしても、乗り切る方法はいくらでもある。たとえば、前夫の中村は“寝取られ男”という自虐キャラを編み出していたが、矢口にはほかに格好のお手本がいる。そう。大桃美代子と麻木久仁子という女性ふたりとドロ沼三角関係が公になり、猛烈なバッシングを受けながらも、見事にそれを逆手にとって“モテ男”というキャラ化を果たした山路徹だ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

復帰果たすも及び腰の矢口真里よ、“ビッチ”として生きる覚悟をもて!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ハロープロジェクト不倫水井多賀子の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
2 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
5 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
9 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
10 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
12 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
18 原発広告に文化人や芸能人が
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画