>  >  > 貧困女子のセックスワークと知的障害

「女子の貧困」最大のタブー!セックスワークと知的障害の関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
saihinkon_01_141016.jpg
『最貧困女子』(幻冬舎新書) 

 格差社会、子どもの貧困、貧困の連鎖。ここ数年、これら貧困が大きな社会問題となっている。同時に女性の貧困もさかんに取り上げられるようになり、なかでも今年1月に初回放映された「あしたが見えない~深刻化する“若年女性”の貧困~」(『クローズアップ現代』NHK総合)は大きな話題となった。また、この問題を取り扱う書籍も多く出現している。

 しかし貧困女性の存在がメディアなどで取り上げれば取り上げられるほど、そこから“除外”される女性たちがいる。それがセックスワーク(売春や性風俗産業)に埋没する「最貧困女子」だ。

 その実態を描いたルポ『最貧困女子』(幻冬舎)は、衝撃的だ。著者は犯罪現場の貧困をテーマに、裏社会や触法少年・少女たちを取材し続ける鈴木大介。本書が衝撃的なのは、セックス産業に従事する貧困女性の問題はもちろん、それ以上の“タブー”にまで踏み込んでいるからだ。

 それは「精神障害・発達障害・知的障害」である。

「これを挙げることは差別論に繋がりかねないので慎重を要するが、これらの障害は『三つの無縁』(家族の無縁・地域の無縁・制度の無縁)の原因ともなっている、無視できない問題だ」

 たしかに、精神障害は貧困や売春とともに語られることも少なくはなかった。しかし、知的障害にまで踏み込もうとした貧困ルポはほとんどないと言っていい。本書はこのタブー視されている問題に切り込んでいく。

 著者は何人もの貧困女性に話を聞いている。例えば、最終学歴が高校中退の小島さん(仮名/23歳)。家賃を滞納してネットカフェ難民になっていた。時給900円のバイトで食いつないでいる自らを「対人恐怖症? 視線恐怖症かな、わたし人と目があうとパニックみたいになるんで」と語る女性だ。

 幼少時からそりが合わなかった母親は、彼女が高校3年生の時、父親の死をきっかけに「愛犬を連れて家を出た」。母親から捨てられた彼女は、その後必死でアパートを探したが、結局家賃滞納で逃げ出した。闇金からも借金をしているという彼女に緊急性を感じた著者は、生活保護やゲストハウスなど様々な方法を説明する。手続きを手伝い、転居費用も無利子で貸してもいいとさえ思った。しかしそうした説明も彼女にはぴんとこない。

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 広末涼子が育児放棄バッシングに大反論
2 五輪、選挙…電通社員が黒い手口暴露
3 山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
4 痴漢行為Hey!Say!中島のドラマが
5 「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
6 乙武別居で障碍者への偏見報道が
7 安倍も政治資金の公私混同が次々判明
8 大手メディア参院選情勢調査の結果は
9 有働由美子を勇気づけた山口智子の言葉
10 安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
11 小林麻耶、乳がんの妹・麻央への思い
12 上原亜衣は? AV女優の引退後
13 キムタク最大のタブーとは?
14 林真理子がなんとキムタク批判!
15 SMAPを殺したのはキムタク
16 フジロックに政治を持ち込むなというバカ
17 さんまもハマったAV女優紗倉まなの闇
18 安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
19 安倍のPR動画パロディを自民党が削除
20 安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
PR
PR
1宇野常寛が舛添イジメ批判
2安倍も政治資金の公私混同が次々判明
3フジロックに政治を持ち込むなというバカ
4安倍自民党が公選法違反の誇大政党CM
5文春が東京五輪を!電通元専務に金
6報ステ党首討論で安倍が逆ギレ、詭弁
7議事録改ざん繰り返す安倍政権の危険性
8安倍首相が遊説でSEALDsから逃亡
9山本太郎が安倍にガリガリ君問題を追及
10NHKディレクターが語る原発報道圧力
11安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
12大手メディア参院選情勢調査の結果は
13「#自民党に質問」で質問無視のヤラセ
14党首討論で古市、橋本が安倍びいき司会
15舛添よりヒドい安倍の政治資金第二弾!
16百田尚樹は田母神を応援した責任をとれ
17安倍がFacebookで報ステ党首討論攻撃
18安倍のPR動画パロディを自民党が削除
19日本会議の抱える“後ろめたさ”とは?
20自民党の地方議員は差別主義者だらけ
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」