『アラサーちゃん』どころではない!お色気TV番組の過激な歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
danmitsu_01_141011.jpg
テレビ東京『アラサーちゃん 無修正』番組サイトより


 全裸の壇蜜が男にバックから攻められ、はしたない喘ぎ声を晒しながらオルガスムを迎える──。前クールでは深夜ドラマ『アラサーちゃん 無修正』(テレビ東京系ほか)の、AVさながらの過激な表現が話題となったが、かつてのテレビは、その比ではなかった。テレビ創成期から現代までのお色気番組を、当事者の証言を交えながら考察した『昭和・平成 お色気番組グラフィティ』(河出書房新社)から、その過激な表現を紹介したい。

 まず、日本のお色気番組のパイオニアとなったのが、読売テレビの『11PM』(1965〜90年)だ。それまで視聴率不毛と言われた深夜帯に始まり、当初は時事問題を中心に取り上げる硬派な番組だったが、68年に大橋巨泉がMCになってから“夜のワイドショー”的な側面が強くなる。「セックス革命」、「妖奇!レズビアンの実態」などのコーナーで当時の風俗を紹介・分析し、西洋諸国でのポルノ解禁や日活ロマンポルノやピンク映画の隆盛、そして性風俗産業の活発化という社会状況の変化に呼応。性のルポタージュ企画が急増したのだ。

 なかでも話題となったのが、72年放送の「見たな!関西ストリップの妙技」だ。当時“ストリップの女王”と称されていた一条さゆりの生々しいオナニーショーを放映し、高視聴率を獲得したが、放送6日後に一条が公然わいせつ罪で逮捕されるという騒動にまで発展。さらに年末には、全国からストリップ嬢が集結して“艶技”を披露する「紅白ストリップ合戦」が、番組史上最高視聴率の48%を叩き出した。2013年の紅白歌合戦の最高視聴率が44.5%だったことを考えても、その注目度の高さは言わずもがなだろう。

 そして、『11PM』のヒットに追随するように、60年代末頃からお色気情報バラエティが続々と始まる。コント55号が人気女性歌手やタレントと野球券に興じる公開ストリップ『コント55号の裏番組をぶっとばせ!』(69〜70年)や、女性ゲストが爬虫類や両生類の入った箱に手を入れて当てる企画で、手を引っ込めるとスカートをハサミでバッサリ切る、という過激な演出がウケた『スターびっくり箱』(69年)、日本のテレビ番組で初めてバストトップを映したと言われている『23時ショー』(71〜73年、77〜79年)に、混沌とした70年代を映し出したエロ・グロ・ナンセンスな『テレビ三面記事 ウィークエンダー』(75〜84年)など、各局が趣向を凝らし、とりわけ深夜帯がお色気番組の激戦区となった。

 80年代に入ると、『オールナイトニッポン』などの深夜ラジオが若者に支持され、コンビニやファミレスといった深夜営業チェーンが普及。情報を消費する速度も速くなったが、そんな深夜帯が若者に開かれた時に始まったのが、テレビ朝日の『トゥナイト』(80〜94年)だ。勝新太郎や“ハマコー”こと故・浜田幸一、戦前からの右翼の大物・笹川良一といった従来にはないキャスティングと政治家同士が怒鳴りあうハプニングが好評を博したが、最もヒットしたのが“カントク”こと山本晋也の性風俗リポート。“ノーパン喫茶”にはじまり、“のぞき部屋”“テレクラ”など最新の風俗だけでなく、ド派手な女体盛りサービスのある温泉旅館やポルノビデオの撮影現場、放送後に売春で摘発された“愛人バンク”といった放送コードギリギリの取材を敢行し、それまでアンダーグラウンドだった風俗を一般に定着させた。さらに素人女子大生を大量に起用したフジテレビの『オールナイトフジ』(1983〜91年)が始まり、女子大生ブームを巻き起こして高視聴率を叩き出すと、他局も同時間帯に参戦し、“土曜深夜戦争”が巻き起こる。
 

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

【昭和・平成】お色気番組グラフィティ

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

『アラサーちゃん』どころではない!お色気TV番組の過激な歴史のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。宮谷 烈性教育の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
2 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
3 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
4 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
5 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
6 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
7 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
8 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
9 麻生太郎が愛人の店に2360万円
10 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
11 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
12 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
17 財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
18 財務次官セクハラが海外メディアでも
19 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
20 パワハラ社長を撃退した新聞記者の戦い
1高畑勲監督が遺した安倍政権への無念の言葉
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3首相秘書官「本件は首相案件」
4首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
5森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
8 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
13柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
14田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
15上念司もケントと同様、加計の客員教授
16柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
17高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画
18自衛隊隠蔽は安倍、稲田が引き起こした
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20 財務次官セクハラが海外メディアでも