>  >  > 竹田恒泰は“ネトウヨ”ですらない!?

元AKBも朋ちゃんと同じ目に!“俗物”竹田恒泰の教養の浅さがヒドい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
takedabenkyou_01_141001.jpg
『日本人が一生使える勉強法 』(PHP新書)

 明治天皇の玄孫が肩書きのネトウヨ界きってのアイドル・竹田恒泰が、またしても恋愛スキャンダルで世間を賑わせている。

 竹田といえば、元AKB48の畑山亜梨紗と交際中と思われていたが、先日、「もう終わりましたので」「あれ以来、会ってません」と、破局を宣言。が、当の畑山は破局していたことを認識しておらず、報道を通じた一方的な竹田の“破局通告”だったらしい。畑山はかなり傷ついているようで、「人を信じられないような状況になってしまいました」「この方なら信用できると思ったんですが……」と、竹田への幻滅ぶりを語った。

 そもそも畑山との交際にしても、華原朋美と交際中と思われていたところに、畑山とのツーショットを「フライデー」され、二股疑惑が浮上。朋ちゃんは「あの出来事はいったいなんだったんだろうね(笑)」と竹田を非難したが、一方の畑山も「売名行為では?」とバッシングされた。しかし、こうもスキャンダルがつづくと、竹田のほうが売名を狙っているようにも思えてくる。──いったい、この人って何をやりたいんだろう。ホントにみんながいうように“保守論客”なんだろうか。ただの“ネトウヨ”、いや、もしかしたら“ネトウヨ”ですらなくて、ただの芸能人好きのミーハー俗物おじさんなのではないか。

 その疑いをさらに濃厚にしているのが、先日発売された竹田の新刊『日本人が一生使える勉強法』(PHP研究所)だ。本書では「竹田式・勉強法」なるものを披露しているのだが、その中身のスカスカぶりがすさまじいのだ。

「私の仕事は『勉強すること』です。」 
 
 たとえば、「仕事は何ですか」と質問されたとき、竹田はこう答えるようにしているという。うん、これはちょっとカッコいい。ところが、これを受けて「勉強の本質とは何か、そのすごみを教えてくれる」という人物として挙げるのが、孔明に吉田松陰、そしてソフトバンクの孫正義という3名なのだ。右派論客らしく頼山陽か内藤湖南あたりでももちだしてくるのかと思いきや、サラリーマンの愛読書かよ、みたいなラインナップ。
 
 これだけでもかなり謎なのだが、竹田はなかでも孫正義の「脳がちぎれるほど考えよ」という言葉に深い感銘を受けているようで、「私はこの言葉を思い出すたびに勇気が湧いて、『もっと頑張れる』と思えるのです」と、ほぼ感想文のような文章を綴っている。そして、「皆さんはこんな思いをしてまで何かを考えたことがあるでしょうか」と、上から畳みかけてくるのだ。あげた名前が孫正義なのに。

 また、「いちばん重要な情報は本から得ています」という竹田。ここまでは別にいいのだが、つづけて「とくに偉人伝は宝庫です。すごいことだと思いませんか。彼らが一生を費やして体得したことが、一冊の本で学べるわけですから」と、小学生のようなことを言い出すのだ。しかも、ここでも挙げる偉人は、“松下幸之助、坂本龍馬、福沢諭吉”という教養感ゼロの並び。さらには「龍馬ならITをどのように活用するだろうかなど想像するのも面白いものです」と、これはほんとうに勉強法の本なのだろうか?と読者を不安におとしいれる始末。

この記事に関する本・雑誌

ウェブを炎上させるイタい人たち-面妖なネット原理主義者の「いなし方」 (宝島社新書 307)

リテラのSNS

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

関連リンク

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 医療亡国論の曽野綾子が夫の認知症で…
2 慎太郎「障害者殺戮犯の気持ち分かる」
3 現役自衛官が“海外派兵”強制を暴露
4 マツコが小池百合子にNG発言の理由
5 安倍が米の男女平等イベントで失笑発言
6 炎上!長谷川豊ら「医療亡国論」の詐術
7 もんじゅ廃炉で原発ムラに新たな利権が
8 『とと姉ちゃん』を「暮しの手帖」が批判
9 SMAP解散は香取慎吾のせいじゃない
10 盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
11 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
12 “万引き老人”たちの壮絶な貧困
13 TBS山内アナが二重国籍のヘイト攻撃
14 川島なお美が近藤誠の診断を告発
15 文春が東京五輪を!電通元専務に金
16 稲田朋美が夫の軍事産業株保有で逆ギレ
17 キムタク最大のタブーとは?
18 「暮しの手帖」に「政治的すぎ」と批判
19 グッディ!土田マジギレ真の原因
20 安倍応援団・視聴者の会とリテラが対決
PR
PR
1盛り土で慎太郎の責任にテレビが沈黙
2稲田朋美も富山市議と同じ不正を
3慎太郎「障害者殺戮犯の気持ち分かる」
4辺野古判決の裏に裁判所の露骨人事!
5『とと姉ちゃん』を「暮しの手帖」が批判
6TBS山内アナが二重国籍のヘイト攻撃
7安倍が米の男女平等イベントで失笑発言
8稲田朋美、南スーダン視察中止の無責任
9稲田朋美が夫の軍事産業株保有で逆ギレ
10炎上!長谷川豊ら「医療亡国論」の詐術
11 “万引き老人”たちの壮絶な貧困
12医療亡国論の曽野綾子が夫の認知症で…
13福島原発“凍土壁”崩壊の戦犯は安倍政権
14新潮が天皇の生前退位を“暴走”と攻撃
15現役自衛官が“海外派兵”強制を暴露
16新潟県知事不出馬はやはり原発ムラ圧力
17「暮しの手帖」に「政治的すぎ」と批判
18北朝鮮への先制攻撃論と悪夢のシナリオ
19奴隷労働を強いられるベトナム人留学生
20もんじゅ廃炉で原発ムラに新たな利権が
PR
PR

カテゴリ別ランキング


人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」