AKBの影響力低下必至?トークアプリ「755」でネット制圧画策も…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
akb755_01_140930.jpg
『FLASH増刊 AKB48じゃんけん大会公式ガイドブック2014』(光文社)

 近ごろ、AKB48ファン界隈で話題となっているトークライブアプリ「755」。有名人の“トークライブ”をのぞき見し、“やじうまコメント”を投稿するなどして交流を深めるというアプリで、総合プロデューサー・秋元康氏ほか、高橋みなみ、指原莉乃など、多くのAKBメンバーたちが参加している。特に秋元氏のトークでは、運営に関する情報が次から次へと飛び出し、ファンにとっては重要な情報源となっているのだ。

「755」は、サイバーエージェントの藤田晋社長とホリエモンこと堀江貴文氏の企画で誕生、運営会社の7gogoはサイバーエージェントと堀江氏が関わるロケット開発会社SNSが50%ずつ出資して設立された。ちなみに、755という数字は堀江氏が収監されていたときの囚人番号だ。

 9月の初めに、秋元氏が各メンバーに勧めたことで、AKB内で一気に浸透した「755」。全メンバーが参加しているわけではないが、プロデューサー直々に勧めているということで、半強制的に「755」に参加させられているのではないかとの指摘もある。また、「怪しげなアプリをメンバーに使わせるのはどうなのか?」「個人情報が漏れてしまうことはないのか?」などと、心配する声あり、メンバーの「755」参加に否定的なファンも多いのも事実だ。

 実際問題として、AKB48のメンバーが「755」に参加することでどんなリスクがあるのだろうか。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏はこう分析する。

「強制参加ではないとはいえ、AKB48のメンバーとしてアプリに参加しているわけですから、運営サイドとしてもしっかり個人情報を管理しているはずです。AKB48のメンバーはGoogle+にも参加していますが、こちらは専用のスマートフォンが支給されています。『755』についても、同じような感じではないのでしょうか」

 ただ、一般ユーザーと交流するとなると、アンチコメントが多数投稿されるなど、炎上のリスクも考えられる。

「『755』は、運営が“やじうまコメント”を監視して不適切な投稿を削除しているので、実はそれほど炎上リスクは大きくない。また、スマホ限定というのもリスク軽減に繋がっています。わざわざアプリをダウンロードしてユーザー登録しないといけないので、アンチも気軽に参加してこないんですよ。むしろ、熱心なファンが集まりやすい場になっていると思います」(中川氏)

 どうやらAKB48にとっては比較的居心地のいい場所となりそうな「755」だが、そもそも秋元氏サイドとして参入するメリットはあったのか?という疑問もある。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘 (星海社新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

AKBの影響力低下必至?トークアプリ「755」でネット制圧画策も…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48圧力鈴木レンの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
4 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
7 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
8 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
9 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
10 キムタク・マツコ共演の裏で中居が…
11 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
12 日本会議から勧誘の電話!会話を公開
13 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
14 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
15 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
16 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
17 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
18 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
19 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
20 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
8加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
9下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
12「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画