嫌韓でも人気のK-POP!国策化で韓国芸能界の性犯罪にメスは入るのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hanryu_01_140925.jpg
ムック『ザ・韓流スキャンダル! 』(宝島社)シリーズの第三弾には、恐るべき韓国芸能界のダークサイドが……

 一時はあれだけ盛り上がっていた日本のK-POP人気だが、ここ数年、嫌韓のムーブメントで一気に下火になった感がある。一部では、このままK-POPが消滅するのでは?という声も上がっているほどだ。ところが、実際は少し事情が違うようだ。抗議を恐れたテレビがK-POPアーティストの起用を控えているだけで、その人気はほとんど衰えておらず、むしろ違う形でブームが起きつつあるらしい。

 その兆候と言えるのが、超大型新人グループの相次ぐ登場だ。今年4月、日本本格デビュー前ながら日本に初上陸し、埼玉スーパーアリーナに10万人を動員した「EXO」の存在は記憶に新しい。韓国で2012年にデビューして以来、爆発的な人気を誇ってきた11人組だ。件の埼玉スーパーアリーナの公演には、動員数の約4倍、実に40万人の応募者が殺到したという。その潜在力はすでに日本、韓国を含めたアーティストの中でトップクラスと言って間違いない。

 また、「BIGBANG」の弟分として、今年9月に日本デビューを果たした「WINNER」の勢いも破竹だ。10日に発売された日本デビューアルバム『2014S/S-Japan Collection-』は、日本オリコンアルバムチャート、ウィークリーチャートともに上位に食い込んだ。今月11日からは「WINNER 1st JAPAN TOUR2014」で日本主要都市を飛び回っており、新人とはとても思えない異例のスピードで、日韓両国ファンの人気獲得に成功している。

 こうした大型新人グループの受け入れられ方を見ていると、日本で根強い人気を誇る「東方神起」が活動開始した2005年頃に比べて、新人グループがスターダムにのし上がるまでのスパンが格段に短縮されていることがわかる。明らかにファンの裾野が広がっているということだろう。

 ところが、供給元である韓国では、そのK-POPをめぐってさまざまな問題が発生しているようだ。 そのひとつが、芸能界志望の若者を食い物にするプロダクションの性犯罪だ。韓国ではここ数年、彼らトップアイドルのような一瀉千里の成功を求めて芸能人を志望する若者が急増。K-POPだけでも、デビューする新人が年間数百組と言われているが、そこにつけこむ悪質なプロダクションが後を絶たないのだ。

 最近、『ザ・韓流スキャンダル!』(宝島社)というMOOKが出版された。韓国芸能界のゴシップ、不祥事、事件がまとめられた一冊だが、この中でも、プロダクションの信じられないような犯罪行為がいくつも紹介されている。

 たとえば、2012年4月に起きたオープンワールド・エンターテインメント集団暴行事件。オープンワールド・エンターテインメントはかつて「大国男児」、「X-5」といった男性アイドルグループやコ・ジュウォンらが所属した中堅芸能プロダクション。社長のチャン・ソグはKARAの分裂騒動が起きたときに“黒幕”と噂された人物でもある。そのチャン・ソグが所属タレントやデビュー前の女性練習生計11名に性的暴行を加えていたとして逮捕された。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ザ・韓流スキャンダル! 東方神起激動の10周年号 (TJMOOK)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

嫌韓でも人気のK-POP!国策化で韓国芸能界の性犯罪にメスは入るのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。嫌韓西 民夫韓流の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 山口達也の強制わいせつでマスコミの忖度!
2 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
3 辺野古警備代7億円水増し請求の裏
4 昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
5 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
6 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
7 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
8 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
9 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
10 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
11 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
13 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
14 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
15 葵つかさが「松潤とは終わった」と
16 原発広告に文化人や芸能人が
17 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
18 たけし独立に沈黙の文春に林真理子が「忖度か」
19 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
20 NYTの直撃に山口敬之が卑劣コメント
1林芳正文科相に関する記事の削除とお詫び
2セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
3羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
4安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
5村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
6柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
7下村博文がセクハラ被害記者に「犯罪」攻撃
8「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
9加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
10財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
11「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
12 俳優・宍戸開が真っ当な安倍批判を連発
13財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
14昭恵夫人がヘイト運動家にメッセージ
15長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
16柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
17田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
18上念司もケントと同様、加計の客員教授
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画