嫌韓でも人気のK-POP!国策化で韓国芸能界の性犯罪にメスは入るのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
hanryu_01_140925.jpg
ムック『ザ・韓流スキャンダル! 』(宝島社)シリーズの第三弾には、恐るべき韓国芸能界のダークサイドが……

 一時はあれだけ盛り上がっていた日本のK-POP人気だが、ここ数年、嫌韓のムーブメントで一気に下火になった感がある。一部では、このままK-POPが消滅するのでは?という声も上がっているほどだ。ところが、実際は少し事情が違うようだ。抗議を恐れたテレビがK-POPアーティストの起用を控えているだけで、その人気はほとんど衰えておらず、むしろ違う形でブームが起きつつあるらしい。

 その兆候と言えるのが、超大型新人グループの相次ぐ登場だ。今年4月、日本本格デビュー前ながら日本に初上陸し、埼玉スーパーアリーナに10万人を動員した「EXO」の存在は記憶に新しい。韓国で2012年にデビューして以来、爆発的な人気を誇ってきた11人組だ。件の埼玉スーパーアリーナの公演には、動員数の約4倍、実に40万人の応募者が殺到したという。その潜在力はすでに日本、韓国を含めたアーティストの中でトップクラスと言って間違いない。

 また、「BIGBANG」の弟分として、今年9月に日本デビューを果たした「WINNER」の勢いも破竹だ。10日に発売された日本デビューアルバム『2014S/S-Japan Collection-』は、日本オリコンアルバムチャート、ウィークリーチャートともに上位に食い込んだ。今月11日からは「WINNER 1st JAPAN TOUR2014」で日本主要都市を飛び回っており、新人とはとても思えない異例のスピードで、日韓両国ファンの人気獲得に成功している。

 こうした大型新人グループの受け入れられ方を見ていると、日本で根強い人気を誇る「東方神起」が活動開始した2005年頃に比べて、新人グループがスターダムにのし上がるまでのスパンが格段に短縮されていることがわかる。明らかにファンの裾野が広がっているということだろう。

 ところが、供給元である韓国では、そのK-POPをめぐってさまざまな問題が発生しているようだ。 そのひとつが、芸能界志望の若者を食い物にするプロダクションの性犯罪だ。韓国ではここ数年、彼らトップアイドルのような一瀉千里の成功を求めて芸能人を志望する若者が急増。K-POPだけでも、デビューする新人が年間数百組と言われているが、そこにつけこむ悪質なプロダクションが後を絶たないのだ。

 最近、『ザ・韓流スキャンダル!』(宝島社)というMOOKが出版された。韓国芸能界のゴシップ、不祥事、事件がまとめられた一冊だが、この中でも、プロダクションの信じられないような犯罪行為がいくつも紹介されている。

 たとえば、2012年4月に起きたオープンワールド・エンターテインメント集団暴行事件。オープンワールド・エンターテインメントはかつて「大国男児」、「X-5」といった男性アイドルグループやコ・ジュウォンらが所属した中堅芸能プロダクション。社長のチャン・ソグはKARAの分裂騒動が起きたときに“黒幕”と噂された人物でもある。そのチャン・ソグが所属タレントやデビュー前の女性練習生計11名に性的暴行を加えていたとして逮捕された。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ザ・韓流スキャンダル! 東方神起激動の10周年号 (TJMOOK)

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

嫌韓でも人気のK-POP!国策化で韓国芸能界の性犯罪にメスは入るのかのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。嫌韓西 民夫韓流の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
2 国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
3 鶴保前沖縄担当相に辺野古利権疑惑
4 『ラ・ラ・ランド』に論争勃発
5 義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
6 オリラジ中田が日馬富士事件で松本批判?
7 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
8 マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
9 安倍首相のFacebookのヘイトがひどい
10 「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
11 マツコが小池百合子にNG発言の理由
12 加計学園で設置審委員が内情暴露!
13 星野源が考える“新しい家族”とは
14 『シン・ゴジラ』の3・11暗喩に園子温が
15 鶴田真由と昭恵夫人は日ユ同祖論の同志
16 JASRACが坂本龍一を騙しうち!
17 日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
18 萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
19 中居ジャニーズ残留とキスマイ
20 希望に翻弄された!? 嘉田氏に直撃!
1佐野元春がトランプ批判の楽曲を発表!
2加計が留学生募集!四国の獣医不足は?
3加計学園で設置審委員が内情暴露!
4トランプ来日の目的は武器売りつけ
6直撃!前川前次官が加計認可の動きを批判
7日本大使館が「民進党は米国が分裂させた」
8テレビが封印した安倍とトランプの映像
9横田さんはトランプに戦争しないでと伝えたいのに安倍が
10国連が安倍政権のメディア圧力に勧告へ
11義家前文科副大臣が加計疑惑に茶番質問
12萩生田が前川前次官にシンゴジラを観ろ
13欧米で安倍と訪日トランプに嘲笑の嵐
14マツコがいじめ、弱者叩きの構造を喝破
15沖縄タイムス記者が官邸と百田に反撃
16トランプ来日を歓迎するマスコミの異常
17山口敬之めぐり文春vs新潮がバトル
18安倍政権が乱発するトンデモ閣議決定
19「朝日、死ね」足立議員のトンデモぶり
20トランプの精神障害を疑うのは当然だ! 

人気連載

アベを倒したい!

室井佑月

連載一覧へ!

アベを倒したい!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」